1. まとめトップ

壊れた?スマホ&携帯が充電できない・遅い時の原因と対策方法

スマホが充電できなくなる故障はよく聞きますよね、バッテリーの寿命を疑いがちですが、USBの接触不良などが原因としては多いようです。今回はアンドロイドとiphoneどちらでもできる緊急時の対応をまとめてみました。

更新日: 2019年01月28日

5 お気に入り 32315 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gagaga1394さん

※本稿に乗っている方法を試す場合にはあくまでも自己責任でお願いいたします。

スマホが充電できない!?

スマホが充電できなくなるってことよく聞きますよね、固定電話も少なくなっている昨今では唯一の通信手段になっている人も多いのでは?

修理に持ち込もうと思ってもデータを救出しないといけませんし、そもそも面倒でお金をかけたくありません。

今回は修理に持っていく前に「自分でできる」対処方法を記載させていただきます。

【方法のまとめ】

【とりあえずできる対処】
・再起動
・バッテリーを外してしばらく置いたあとに再度取り付け

【簡易的な修理】
・充電器・ケーブルの交換
・エアダスターでの清掃
・接点復活・洗浄剤の使用
・接点復活・洗浄剤+ナノカーボンの使用

【修理方法以外の充電】
・バッテリーの直接充電

【修理】
・バッテリー交換
・端子部分の交換

1.)再起動・放置

とりあえず再起動してみましょう、機種によってはバッテリーを外したり、一度放置して本体を冷却してみるのもいいでしょう。

2.)充電器・ケーブルの交換

充電器やケーブルが劣化している可能性があるため、ケーブルの交換が一番わかりやすい対処方法です。家電屋ならどこにもで売っているため急ぎでも大丈夫なのがいいですね。
純正品を使用していない場合には修理に持ち込んだ際にそこを突かれるケースもあるため、これを機会に純正品を購入するのもおすすめです。

3.)エアダスターでの清掃

ほこりが詰まっている場合を考えてUSB端子の清掃を行います、急ぎであるのであればホームセンターなどに行けばおそらく売っています。

通販URL
www.amazon.co.jp/dp/B00AIGAQLO

4.)接点復活剤・洗浄剤の使用

※端子の抜き差しを繰り返している場合、表面上に見えない酸化被膜が生成され通電しにくくなるような現象が起こります、そのような酸化被膜を洗浄するのが接点復活剤・洗浄剤となります。これは充電用の端子だけではなくPCのイヤホンジャック、USB部分等の様々な端子類に起こる現象です。

揮発性の接点復活剤で、直接端子にスプレーしても大丈夫なのが特徴です。接点部分の酸化塗膜を清掃する効果があります。
こちらはカー用品店に売っていることがありますが、大きいところでないと見つけるのは難しいかもしれません。
これ一本で今回の端子部分の洗浄はもちろん、イヤホンの接触不良等を始め端子と名の付く様々なものに使用できるため、これを機会に一本購入しておくのがおすすめです。

通販URL
www.amazon.co.jp/dp/B005QUPV4O

先端が曲がった綿棒、綿棒の先が曲がっており、さらに先端部分をカッターなどで削れば、スマホの充電用の口の中をゴジゴジと清掃することが可能です。上記のKUREの2-26をスプレーした後に汚れを落とすイメージで使用するとよいかもしれません。

通販URL
www.amazon.co.jp/dp/B0012VQT3S

5.)ナノカーボンの使用

電気の流れが極端に悪くなっている接点部分の隙間を、ナノレベルで面接触に改善させ接触抵抗を軽減させるという仕組みとらしいです。これも普通打っていないと思われるためいざという時のためにストックしておきたいですね。

通販URL
www.amazon.co.jp/dp/B0058B0LUU

6.)バッテリーの直接充電

バッテリーが取り外せる機種にかぎりますが、バッテリーの直接充電が一番緊急に使用できる内容かもしれません。そこそこ大きい家電量販店なら売っているかと思います。

通販URL
www.amazon.co.jp/dp/B00CYHDFRC

7.)買い替え

身も蓋もない話ですが買い替えも選択肢のひとつ、また、いざという時用にSIMフリーの予備スマホを持っておくと便利かもしれません。メルカリやヤフオク等のフリマサイトでも売っているため、ちょっと調子悪いなと思ったらとりあえずのしのぎになりそうな端末を買っておきましょう。

1