この楽曲は、作詞・作曲を川谷絵音が手がけ、思春期(アドレセンス)を生きる少女の焦燥感、大人と子供の間で揺れ動く複雑な心模様が描かれているという。

出典株式会社ソニー・ミュージックレーベルズのプレスリリース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ただの偶然?…川谷絵音の『ゲスノート』が進行してるとの声も

2016年、なにかと世間を騒がせた「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん。ユーキャン新語・流行語大賞において「ゲス不倫」がノミネート。先日もアイドル「夢みるアドレセンス」への楽曲で話題に。そんな中、偶然とは思われますが、彼に関わった人が次々と良くない方向に…という状況が続いているとの声も。

このまとめを見る