その後、金銭授受疑惑が取り沙汰され、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)を辞任している。

出典川谷絵音の「ゲスノートの呪い」がまた発動!? SMAP、甘利明、千原ジュニア、ほのかりんに続いて…!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ただの偶然?…川谷絵音の『ゲスノート』が進行してるとの声も

2016年、なにかと世間を騒がせた「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん。ユーキャン新語・流行語大賞において「ゲス不倫」がノミネート。先日もアイドル「夢みるアドレセンス」への楽曲で話題に。そんな中、偶然とは思われますが、彼に関わった人が次々と良くない方向に…という状況が続いているとの声も。

このまとめを見る