1. まとめトップ

中谷美紀が西麻布で密着デート、お相手はドイツ人ビオラ奏者

西麻布でのデートを目撃された中谷美紀、お相手はウィーン・フィルのドイツ人ビオラ奏者、渡部篤郎とは昨年、破局。渡部は一般女性と再婚、中谷は「IQ246」で監察医として怪演中|ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ティロ・フェヒナー、オーストリアで同棲開始、2018年11月に結婚を発表

更新日: 2018年11月27日

1 お気に入り 14157 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

curatorさん

西麻布でのデートを目撃された中谷美紀

目深に被ったハットにロングコート、ロングパンツにバッグ、すべて黒でコーディネートした女性は中谷美紀(40才)。寄り添う男性は同世代の外国人男性だ。

小雨に濡れながら、会話を交わすシルエットはまるで映画のワンシーンのよう。その後、ふたりは、中谷の自宅へと帰って行った──。

中谷が男性と帰っていった先は、渡部と長く同棲していたマンションでもあった。

お相手は、ウィーン・フィルのドイツ人ビオラ奏者

中谷美紀、48歳ドイツ人ビオラ奏者と熱愛
…事務所認める

中谷美紀(40)が、ウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団でビオラ奏者を務めるドイツ人のティロ・フェヒナー氏(48)と真剣交際していることが24日、分かった。

10月1、2日に行われたサントリーホール30周年記念ガラ・コンサートのため、フェヒナー氏が来日した際に出会った。語学が堪能な中谷は英語でコミュニケーションを取り、意気投合。すぐに交際をスタートさせたという。交際期間は1か月程度とみられる。

中谷の事務所は「記事の男性は恋人、と報告を受けております」とし、相手がフェヒナー氏であることと交際を認めた。

渡部篤郎とは昨年、破局。渡部は一般女性と再婚。

渡部篤郎が昨年夏に交際中だった女優の中谷美紀と破局し、昨年秋から東京・銀座のクラブの元ホステスだった30代女性と再婚を視野に入れて真剣交際をしていることを、一部スポーツ紙が報じている。

渡部は94年3月にタレントのRIKACOと結婚。2人の息子に恵まれたが、中谷との不倫関係が発覚したこともあり、05年12月に離婚した。その後、中谷と交際しゴールイン秒読みと思われていたが、記事によると昨年夏ごろに破局。

俳優の渡部篤郎(48)が交際中と報道されていた30代の一般女性と6月下旬に再婚していたことが9日、わかった。

挙式・披露宴については未定。

お相手は今年2月に「再婚を視野に入れた真剣交際をしている」と一部で報じられていた女性で、6~7年前に知り合い昨年秋ごろから交際に発展したという。

中谷は「IQ246」で監察医として怪演中

織田裕二の“怪演”が話題となっている日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)だが、同作で独特の存在感を放ち作品を支えているのが女優の中谷美紀(40)だ。

彼女が演じる“変人監察医”は、検視しながらビーカーで味噌汁を飲んだり、検視が終わると死体に死化粧を施したりと奇人ぶりを発揮し、言われなければ“中谷美紀”と気付かないほど。

どことなく中谷のブレイクのきっかけになったドラマ『ケイゾク』(TBS系)の柴田純役を思い起こさせる。

追記:オーストリアで同棲開始

「いま、中谷さんはオーストリアのザルツブルクという所に家を借りています。そこに、交際しているドイツ人の男性と一緒に住んでいると聞いていますよ」(中谷の知人)

追記:2018年11月、結婚を発表

突然ですが、このたび結婚の運びとなりましたこと、
ご報告させていただきます。

お相手は、ドイツ出身の音楽家ティロ・フェヒナーさんで、

後略

1 2