1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大丈夫か…米ラッパーのカニエ・ウェストが入院してツアーも中止に

米大物ラッパーのカニエ・ウェストが過労のため入院との一報が…ネットでは動揺が広がるとともに心配の声が上がっています。

更新日: 2016年11月25日

15 お気に入り 61282 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◆アメリカで最も有名なラッパーといえば

1977年6月8日生まれ、米イリノイ州シカゴ出身のヒップホップMC/音楽プロデューサー。

プロデューサーからキャリアをスタートし、『ザ・カレッジ・ドロップ・アウト』でアーティストとしてデビューし現在に至る

アメリカのヒップホップ界の大物プロデューサーにして、プロデューサー出身としては最も成功したと言われるラッパー。

◆世界中で人気を博す

楽曲プロデュースやフィーチャリング・コラボレーション、自身のソロ活動により数々のヒット曲を生み出しており、2016年時点でグラミー賞に57回ノミネート、うち21回受賞を果たしている。

2000年代・2010年代のアメリカ音楽シーンで、特に大きな人気と影響力を持つミュージシャンと言ってよい。

自身を神とするほど奢り高いが繊細で、度重なる失態を犯し非難されながらも、こと音楽に関しては絶対的な信頼を誇るアーティスト。

◆そのカニエ・ウェストが緊急入院

米ラップ歌手のカニエ・ウェストさんが21日、ロサンゼルス市内の病院に入院した。

カニエは警察が自宅に到着後、錯乱状態になり、暴力的になったため仕方がなく手錠をかけ病院に搬送され、Dr. Farzamにより、『UCLA Medical Center』に措置入院させられた。

コンサートの興行主であるライブ・ネイションは声明で、米ツアーの残りの21公演は中止され、チケットは全額払い戻しされると述べた。

◆最近問題発言が続いていたカニエ

現代の音楽シーンにおいて随一の問題児・トラブルメーカー・問題発言製造機としても知られ、頻繁に何か騒動を起こしている。

11月17日、カリフォルニア州サンノゼのSAPセンターでの「セイント・パブロ・ツアー」公演中に、ドナルド・トランプ次期大統領の支持を表明した。

大統領選挙で投票はしなかったものの、もししていればドナルド・トランプに投票していただろうと語り、ファンを動揺させ、驚かしている。

再び大統領選の結果についてまくし立てただけでなく、ビヨンセやジェイ・Z、マーク・ザッカーバーグらに対して暴言を吐き、2曲だけでステージを打ち切った

1 2