1. まとめトップ

各地で作られている「国産ワイン」 自分の目でワインを選べる

2016年 日本でのたくさんの赤ワインや白ワインが登場しました。日本全国で国産のワインが作られています。ワイナリーでの見学もできるところが多く、ワイン好きにはたまらないチャンスで一度ワイナリーへ足を運び、ワインを選んでみませんか?

更新日: 2016年11月27日

0 お気に入り 2211 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kisetumimiさん

日本でも世界でもワインを楽しみたい

11月17日はボジョレヌーボ ワインの祭典があります。世界各国から新しく採れたぶどうで作られたワインを楽しむ。そんな1日です。
ワイン好きなら、毎年ワインを思いっきり楽しみたい1日ですね。

日本のワイン生産地

日本でも各地でワイン用のぶどうが生産されています。
風土に合わせて味も違い楽しみかたはいろいろです。 どんなものがあるかご紹介しましょう。

ワインの原料となるブドウの栽培に最適な気候と広い大地で作られる北海道ワインは、1963年、池田町の十勝ワインから生産が始まりました。今では日本一の醸造用ブドウの栽培地となってワインの品質も目覚ましく向上、コンクールで高評価を受けるワインも登場しています。代表的な銘柄には、「十勝ワイン」(池田町)、「ふらのワイン」(富良野市)、「おたるワイン」(小樽市)などがあります。

個人的感想
さっぱりとしたフルーティーなワインだと感じます。

地元栽培のぶどうを使用し、風土の良さを生かしたワイン作りが
盛んで県内には12のワイナリーがあります。

お気に入りのワインを探しに出かけてみませんか。

天然の山ぶどうを使ったり、旧国道のトンネルを利用したりと
ちょっと他県ではないユニークなワイナリーもあります。

山形の山間にあるワイナリー。自然豊かで涼しい場所で作られるワインはどんな味をするのでしょう。

岩手が新たな「ワイン王国」に名乗りを上げている。今秋、新たなワイナリーが二つ誕生し、県内の計7カ所で醸造する。ブドウは冷涼な気候で育った酸味が特長。東日本大震災からの復興につなげようという動きもあり、来年以降も新設が相次ぐ見込み。山形県に次ぐ東北のワイン産地を目指し、醸造家が味に磨きをかける。

フレッシュでフルーティな飲み口で、ぶどうの甘さが口いっぱいに広がる豊かな香りのワイン。
収穫されたぶどうを優しく搾汁し、ゆっくりと低温発酵法で丁寧に仕込み、香り豊かなワインに仕上がりました。
どんな料理でもあいそうなワイン。白ワインで楽しみたいです。

1950年代、少年たちによって開かれた山の葡萄畑は、開墾以来、除草剤が撒かれたことがありません。 1980年に誕生したこの山の麓のココ・ファーム・ワイナリーは、1984年からワインづくりをスタート。 2007年より100%日本の葡萄からワインをつくり、現在、ココ・ファーム・ワイナリーの自家製ワインはすべて「日本ワイン」です。 自家畑では化学肥料や除草剤は一切使わず、醸造場での醗酵も天然の野生酵母や野生乳酸菌が中心。“こんなワインになりたい”という葡萄の声に耳を澄ませ、その持ち味を生かすことを大切にしています。

ココのヌーボー「2016のぼっこ」は、酵母が元気で噴き出すことがあります。

信州塩尻。その豊かな自然の中の、海抜700mの丘陵地帯「桔梗ヶ原」。
1911年に開園された林農園は、以来100年を越えて
ワインづくりの伝統を積み重ねています。

五一ワインはなじみ深いワインです。
ワインのぶどうを育てるには、温度差のあり、日が長く当たる、あまり多くの水は必要がありません。バランスが大切です。天気は左右できませんから、毎年違うワインができるのです。

出典icotto.jp

志賀高原南山麓 これまた素敵ボトルです。

そして昨年2013年3月21日、大阪に、しかも市内に、世界でも数少ない都市型ワイナリー&ワイン食堂「島之内フジマル醸造所」が誕生しました。

手掛けたのは株式会社パピーユ代表取締役の藤丸智史さん。2006年3月、たった一人で300万円の資金を元手にワインの販売業を始めました。さらに2010年、ブドウづくりをスタート。ついに念願だったワイナリーをオープンさせたのです。

出典greenz.jp

柏原の地で100年もの歴史を持つカタシモワイナリー

関西では大阪や京都、兵庫などで国内の出荷量(課税数量)の4%が造られている程度だが、実は歴史は古い。大阪府柏原市には1914年(大正3年)に醸造を始めたワイナリーがあり、兵庫県には明治時代の醸造所跡も。

こう見ると日本にも古くから、お酒だけではなくフルーツからつくられるワインもあったのです。歴史が古いとは知らなかったこともたくさんあります。

ワイン醸造館は99基の屋外・屋内タンク、仕込み作業など、無料でワインの製造工程を見学できます。
試飲即売館バッカスには8種類のワインを試飲コーナーがあり、お気に入りのワインがあれば即購入も可能です。

1 2