1. まとめトップ
  2. おもしろ

マジかよ!!ワニ・ライオン・狼・熊とか…危険動物と人間との触れ合いが凄いわ!!!

ワニ、ライオン、狼、熊と人間に怖がれる存在の動物たちと人間が仲良くなってるケースがあります。

更新日: 2017年06月15日

64 お気に入り 77268 view
お気に入り追加

ワニと水の中で戯れる人がいるだと…

ワニは肉食性で水中生活に適応した爬虫類です。中生代から今に至るまで食物連鎖の最高次消費者に位置している動物だけあって、やはり人間も相当数が犠牲

ワニの種類は主に、クロコダイルとアリゲーターの2種類に大別されます。どちらも獰猛で自然界で遭遇してしまった時には人を襲うこともある危険な爬虫類ですが、より獰猛なのはクロコダイルです。

コスタリカには体長約5メートルのワニと水の中で戯れてしまう強者がいるという。この男性は以前、瀕死の状態に陥っていたこのワニを助けて半年間にわたって介抱し、それからというものワニは自然に帰ろうとせず、男性を慕って仲良く暮らしているそうだ。

同国東部を流れるパリスミナ川へ友人とボートを出した際、途中で銃で左目を打たれ、瀕死の状態で岸辺に横たわるアメリカンクロコダイルを発見。するとチトさんは、友人に手伝ってもらってボートにワニを乗せ、そのまま自宅へ連れ帰り看病

絆は長い年月をかけて築き上げられた。「ポチョと遊ぶようになったのは10年後でしたね。最初の頃はゆっくりと。少し遊んでは、次はもうちょっと多めに遊ぶといった具合に」「その後、あいつの名前を呼ぶと、私の方に向かって来ることも発見しました」

百獣の王ライオンとじゃれあうことが出来る人間がいるだと…

百獣の王ライオンは陸上では人間を除いて食物連鎖の頂点に立つ生物

動物行動学者のケビン・リチャードソン(Kevin Richardson)さんは、南アフリカ共和国最大の都市ヨハネスブルグ近郊の動物保護区に棲息している38頭のライオンの群れにすっかり馴染んでおり、彼が群れに近付くとライオンたちが彼に群がりじゃれあいます。

近づいてくるライオンを抱き合う様子は、まるで一方的に襲われているように見えますが、よく見るとライオンたちは攻撃的なことはせず優しくジャレていることが分かります。

ご忠告しておくが、サファリに行っても決して真似しないように。彼は長い年月をかけて、この信頼と愛情の関係を築いてきたのだ。

孤高の存在のオオカミを甘えさせる人がいるだと…

オオカミは完全な肉食(イヌは雑食)で、人に対して強い警戒心

赤ずきんや、三匹の子豚、狼と7匹の小ヤギなどで悪者として登場するオオカミ

ノルウェーのポーラ動物園にて過去2年間に渡り保護されている野生のオオカミたちを世話してきたアニタさんという女性が、数ヶ月この地を離れ、再び戻ってきた時のオオカミたちの様子

遠くからアニタさんの姿を発見するやいなや、猛ダッシュで駆け寄ってくる4頭オオカミ。一直線にアニタさんの元へ走ってくると、アニタさんに飛び掛り、口を舐めたりのりかかってきたり

「グルルルル」と非常に低い声を上げる一方「キューン、キューン」とオオカミとは思えないような甘えた鳴き声も

熊と共に生活をする人がいるだと…

北海道に生息するヒグマと、本州側に生息するツキノワグマがいます。いずれもどう猛で大変危険な動物です。毎年、100人以上の人が熊に襲われて大怪我

日本におけるクマの生態

「グリズリー(ハイイログマ)」は、北米にいる「ヒグマ」の仲間の1亜種です。立ち上がったら2.5~3mくらいはあると聞いたことがあります。気性も荒く家畜や人を襲う事もあるそう

パンテレンコ夫妻の夫・スヴェトラーナさんと妻・ユーリさんと共に暮らすうちに、クマのステファンは人間のように成長。

1 2





色々まとめています。まとめた本人が反応してくれると凄い嬉しいですね。お気に入りに入れてもらえると嬉しいです。