1. まとめトップ

星を撮った翌日に電池残量を気にせず、ゆったりまったり過ごすため

スマホの電池、タブレットの電池、WIMAXの電池、カメラの電池、レンズウォーマーの電池、携帯の電池・・・
何をするにも電気が必要、明け方までゆったり気分で星を撮って、昼過ぎまでまったり過ごしたいのに走らないと充電できない、そんなジレンマを解消するための構想、計画、具現化。

試行錯誤

ソーラーパネルは不良品を返却する時を考えて1年保証のある国内販売品。
意外と大きな電流になると気が付き火事になると困るのでチャージコントローラやケーブルも国産メーカー品。
バッテリーは車載のものと同じサイズを考えて探していたけど、意外と安かったのでディープサイクル。
試行錯誤した挙句、特徴ない中途半端な構成に落ち着く。

ソーラーパネルが吹っ飛ばないことを優先に考えてルーフキャリアはTERZO
ステーはできるだけ単純な部材を選択。

結果

屋根に100Wのソーラーパネルを搭載。
正直、消費電力が発電電力に全く追いつかず、電力有り余って、車内に何の電化製品を持ち込もうか検討中。

昼過ぎにはバッテリが満充電になってしまい、チャージコントローラがバッテリーへの電流をほとんど流さなくなる状況。

スライドドアのヒューズから常時電源のラインを引きずり出して、ケーブルを繋ぎ変えることで車のバッテリーも充電可能に。

手配品一覧

⑨圧着端子(参考/所有物を使用)

⑬キャリア

1 2





s1gl00sさん