1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

2016年は混戦模様 「映画賞」前哨戦が始まった!

2016年の邦画「映画賞」レースがスタート。ブルーリボン賞や日本アカデミー賞など、本格的な戦いは年明けだが、その行方を占う意味でも、報知映画賞など年内の映画賞は参考となる。現時点では『怒り』先行に『湯を沸かすほどの熱い愛』が対抗。興収トップの『君の名は。』がどうなるかも、注目される。

更新日: 2017年03月04日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
24 お気に入り 27552 view
お気に入り追加

▼2016年の映画賞レースがスタート

「第40回山路ふみ子映画賞」授賞式

写真左から、新海誠監督・宮崎あおい・松岡茉優・高橋惠子

映画賞レースのトップを飾る「第41回報知映画賞」の各賞が28日、発表された。

▼作品賞は『怒り』先行 対抗『湯を沸かす』

『湯を沸かすほどの熱い愛』

作品賞に当たる山路ふみ子映画賞は、李相日監督が吉田修一氏のベストセラー小説を自ら脚色した重層的なミステリー大作「怒り」。

◆第41回報知映画賞◆
 ▽作品賞・邦画 「湯を沸かすほどの熱い愛」中野量太監督

▼女優賞は宮崎あおいVS宮沢りえ

『怒り』

宮崎あおいと渡辺謙

女優賞は、「怒り」で鮮烈なインパクトを残した宮崎あおいに輝き2冠となった。

第40回山路ふみ子映画賞

「第41回報知映画賞」の各賞が28日、発表された。「湯を沸かすほどの熱い愛」に出演する宮沢りえ(43)が、史上初となる3度目の主演女優賞に輝いた。

助演女優賞に広瀬すずと宮崎あおい。

第29回日刊スポーツ映画大賞ノミネート

▼新人賞は今年大ブレイクした松岡茉優が有利?

『ちはやふる』

松岡茉優

新人女優賞は、ヒロインを務めた「ネコなんかよんでもこない。」と「ちはやふる 上の句」「ちはやふる 下の句」で抜群の存在感を放った松岡茉優が受賞。

第40回山路ふみ子映画賞

【最優秀新進女優賞】
松岡茉優(『ちはやふる -下の句-』『猫なんてよんでもこない。』)

第8回TAMA映画賞

【新人賞】
岩田剛典「植物図鑑」
中野量太「湯を沸かすほどの熱い愛」

第41回報知映画賞

▼注目は興収トップの『君の名は。』

文化賞は、興収200億円も視野に入る興行的な成功により、アニメーション映画の新たな可能性を切り開いた新海誠監督の「君の名は」が選ばれた。

第40回山路ふみ子映画賞

興収200億円突破の可能性もある新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」は作品賞、監督賞、石原裕次郎賞と3部門で候補になった。

第29回日刊スポーツ映画大賞ノミネート

▼年明けに本格化する映画賞レース 最も評価される映画はどれか

第40回日本アカデミー賞授賞式は2017年3月3日

ブルーリボン賞をはじめさまざまな映画賞、また作品や俳優を表彰する映画祭が年末から年明けにかけて日本各地で開催されています。

1 2 3





記憶の中で生きてゆける