クラシックカー相場の高騰に伴い、本当にクラシックカーが好きな人が乗れなくなった、という嘆きもよく耳にする。しかし、高騰すること自体は、クルマにとっては基本的にいいことだ。これまで修理や修復に値しないと思われていたモデルでも、相場が上昇することによって、メンテナンスしようというマインドが形成される。

 クルマの修理修復にかかる費用は、ブランドやモデルが違ってもさほど大きく変わらない。例えば300万円くらいが相場のクルマを500万円かけて修復することは合理的ではないが、もし同じクルマが1000万円で売れるようになれば、お金をかけてメンテナンスしておこうという心理が働く。だから、クラシックカーは近年、どんどんキレイになっていく。クルマにとっては、シアワセな時代になったといえそうだ。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【不況に強い!】話題の『実物投資』4選! まとめてみた!

テロ、地震、経済破綻、で更なる人気か?!特に話題の4つの投資をまとめてみました。

このまとめを見る