日本ではまだまだ一般的ではないワイン投資ですが、欧州では昔から資産運用の一つとして行われています。特にフランスでは銀行融資の際にワインの資産価値が担保として認められるうえ、相続税がかからないといった、さすが本場といわんばかりの利点があります。

日本ではワインは相続税の対象にばっちり入ってしまっていますが、純粋に投資としてのメリット、つまり値上がり後の売却益や利回りにおいて高いリターンが得られると、ワイン投資の人気が高まってきています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【不況に強い!】話題の『実物投資』4選! まとめてみた!

テロ、地震、経済破綻、で更なる人気か?!特に話題の4つの投資をまとめてみました。

このまとめを見る