ワイン投資は商品(コモディティ)に分類される投資ですが、他の商品と異なっている点として、同じワインは二度と手に入らないということがあります。よく知られているように、ワインは銘柄が同じでもヴィンテージ(生産年)によって価値が違います。さらにワインは消費されていきますので、需給でいえば市場に供給されているワインは常に減っていく、つまり需要がまさって価値が上がっていくことになります。

出典ワイン投資は儲かるのか?リスクや投資方法、ファンドなどまとめ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【不況に強い!】話題の『実物投資』4選! まとめてみた!

テロ、地震、経済破綻、で更なる人気か?!特に話題の4つの投資をまとめてみました。

このまとめを見る