各種手数料

ワイン投資は手数料がかなり高いです。現物投資の場合、有名なベリー・ブラザーズ&ラッドの例で言うと、購入時はかかりませんが売却時に10%の手数料がかかります。またワインは保管を厳重に行わなければならないので、倉庫を借りることになります。1ケース年間10.8ポンド(2,000円程度)と、かなり安価ですが。さらにワイン売却時の利益には税金がかかります。日本では雑所得として課税されます。

ワインファンドの場合はさらにかかる経費の種類が多く、買い付け時手数料3%プラス消費税、運営報酬として年間1.75%、成功報酬として年間利益の20%、他にも実費として保管手数料や鑑定報酬などが引かれます。株などの金融商品になじみのある方であれば、あり得ない高さだと感じることでしょう。

出典ワイン投資は儲かるのか?リスクや投資方法、ファンドなどまとめ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【不況に強い!】話題の『実物投資』4選! まとめてみた!

テロ、地震、経済破綻、で更なる人気か?!特に話題の4つの投資をまとめてみました。

このまとめを見る