1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

【収納場所】スペースがない!狭い部屋にもおすすめな収納アイデア

現在住んでいる部屋やこれから引っ越す先の部屋に収納が少ない…!または、スペースがとれないことって結構ありますよね。そういったときに役立つ収納場所(スペース)のご紹介です。

更新日: 2016年11月28日

toku117さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
567 お気に入り 223331 view
お気に入り追加

▼収納場所は身近なところに…!?

出かける時に使ったり持ち出す、カギや傘の収納にぴったり。小さめの掃除用具なども置いておくと便利です。

玄関ドアの裏に収納アイテムを付けるのもおすすめです。
掃除用品や傘をかけておいたり、玄関に収納があると何かと使えます。

さらには、出かける時に傘を忘れにくくなり一石二鳥ですね。

▼トイレットペーパーを置くところって…?

出典yaplog.jp

お手軽&良コスパな収納スペースが作れます。つっぱり棒は100均にて購入。トイレの壁と壁との距離を測ってメモしておくと迷いません。

トイレは備え付けの棚が無い場合が多いですよね。
そんな場合に棚の代わりに突っ張り棒を活用することで収納場所を確保

▼物が増えやすいキッチン収納には…?

100均の材料で低コストに収納スペースを作れます。知恵とアイデア次第で壁が大変身。

壁面はすべて収納スペースです
100均の平らな箱やすのこなどを利用し、壁面を上手に利用してみてください。

◆【キッチン】扉裏の収納に キッチンの扉裏を、ふた収納に使ってスペースを活かす! フック金具・ラック 100円ショップのもの pic.twitter.com/7xIWMw8xLg

なにげに一番悩む鍋蓋。
扉の裏に突っ張り棒をつけて引っかけたり、書類ケースに立てたりすると、取り出しやすく安定しますよ。

▼ベッドの下も有効に活用しましょう。

引き出し付きのベッドでなくても、ベッドと高さを合わせたケースを使用すると無理なく活用できます。

ベッド下収納を賢く使えば、部屋も広くなりますし、見せたくない物たちを隠してすっきりさせることができます。

湿気の管理やホコリの掃除に気を付けて、メンテナンスをしながら賢く収納しましょう。

同じクリアケースでも、横に引いて開けるタイプや上蓋が開くタイプなど色々あります。重たい物を収納するときは上蓋が開くタイプ、衣類など軽い物を収納するときは横に引いて開けるタイプがオススメ

◎最後に収納のポイントを【3つ】

<1>定位置・定番・定量
自分の使う銘柄やブランドを決めて定番にすることも大切です。そのうえで、用意した収納スペースに入るだけに数を絞り込み、その量をキープします(定量)。

<2>色をそろえて統一感を重視
収納上手さんたちが実践しているのは統一感にこだわった収納作りです。色味、サイズ感、素材をそろえるだけで見た目の印象はガラリと変わります。

おしゃれさや統一感につながりますよね。安定感やスッキリした印象も高いです。

最後は…<3>不要なものを持たない。
収納スペースに困るほどの”もの”を持たないことが、収納のコツであったりもします…。こちらのポイントは、実践するのが難しい場合もありますが大切なポイントかもしれませんね。

最後まで一読くださり、ありがとうございました。この記事が、お困りのあなたのお役に立てれば幸いです。では、あなたのお部屋が快適な空間になりますように…(^^)/

1





toku117さん

役立つ情報や気になることについて、情報を発信しております。健康、ヘルスケアなど身体と心のこと。社会人としてのマナーなど知りたい・知っておきたいことを中心にまとめています。