1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

ちょっとファンタジー…照明に見えないアートな「ライト」たち

冬になり、日が出ている時間もだいぶ短くなってきましたが、部屋を照らす、一見照明器具には見えないアートなライトがいくつかありましたのでまとめました。

更新日: 2016年11月30日

554 お気に入り 78410 view
お気に入り追加

月の形をしたまんまるライト

人々が月の謎を追い求めて100年がたった今、それは空だけではなくどこででも求められるようになりました。

この充電式月光は空からの贈り物。最新の3D印刷技術のおかげで、月光は今、移植可能となりました。

明るさを調節できるので、本を読むときのブックライトとして、あるいは眠るときのナイトライトとして、生活のいろんなシーンで使えます。

出典isuta.jp

こういうの、癒やされます。

販売価格は、直径15センチのムーンライトが179ドル(約1万8000円)、20センチのものが239ドル(約2万4000円)です。

Fancyというお店での価格です。

The Fallen Moon Lightこやつの説明全部、月をライトって読んじゃうやが……

ドラマ『逃げ恥』でも使われていた本型照明

「ミニ・ルミオプラス」 ブック型照明です。

価格は約24000円ほど。

一見本に見えるハードカバーの表紙を開くと、ページに見立てたプリーツ状の照明が現れ、立体的なLEDランプへと早変わりする「ルミオ エスエフ」。

もともとは「ルミオ エスエフ」という商品だったようです。
販売するなりすぐ完売してしまうほどの人気商品でした。

その「ルミオ エスエフ」を小型・軽量化したのが「ミニ・ルミオプラス」。お財布よりひと回り大きいだけの小ぶりなサイズ感で、より高い汎用性を備えている。

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌『恋』を出演者たちが踊る「恋ダンス」も人気ですが、ドラマや「恋ダンス」にも登場する星野源さんのお部屋にあるアレが気になる。

ミニ・ルミオプラスはモバイルできるLED照明だが、内部のリチウムポリマー充電池と付属のケーブルを使ってiPhoneやiPadにも給電(充電)できる。

スマホに充電しながら読書灯にもなるミニ・ルミオプラスは、自宅はもちろん、スタバでも出張先のホテルの部屋でも間違いなく重宝する。

恋ダンスのこの光る本25000円もするのか!高い! Mini Lumio+ グレー/レッド Exclusive Max Gunawan amazon.co.jp/dp/B01KZ0SZ8I/… @amazonJPさんから

実は時間も告げているコンペイトウのような間接照明

「エポーラ」と「エポーラ・ニュー」と呼びます。

違いは大きさです。
(大きい方がエポーラ)

価格は約2万円/1万円。

「リコー化成」より、光で時を伝える新しい時計「epora ν(エポーラ・ニュー)」が登場。

「EPORA」は時計でありながら、癒やしの効果を持つイルミネーション機能を有しています。

1 2





blueblueluckyさん

好きなこと(動物、映画、その他エンタメ)、気になるニュース(地方・マイナー含む)を中心にまとめます。
まじめにゆっくり更新していきます。

このまとめに参加する