1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

スウェーデンの夜の森の妖精Mörksuggan(モルクスーガン)とは?

ピンと立った耳に長く伸びたしっぽ。真っ黒な体に目つきの悪い目。スウェーデンの夜の森の妖精といわれるMörksuggan(モルクスーガン)について調べました。

更新日: 2016年11月30日

falarfemさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
321 お気に入り 43829 view
お気に入り追加

スウェーデンの夜の森の妖精モルクスーガン。モルクスーガン人形の、長いしっぽを垂らしてバランスをとる姿はとっても可愛い!

ピンと立った耳に長く伸びたしっぽ。真っ黒な体に目つきの悪い目。それでいて愛嬌があります。

モルクスーガンとは?

モルクスーガンはスウェーデンのダーラナ地方の神話の生きものです。とりわけ、 子供たちを怖がらせるために使用されます。モルクスーガンはかなり長い歴史を持っています。

wikipediaのスウェーデン語を翻訳

モルクスーガンはたびたびアーティストのVerner Molins(1907〜1980)によって描かれました。

wikipediaのスウェーデン語を翻訳

スウェーデンのアーティスト、Verner Molinによるモルクスーガン

アーティストのVerner Molins(1907〜1980)が描いたモルクスーガンの絵がこちら。

「子供を怖がらせる存在」というのが分かるような気がします

人形になったモルクスーガン

Verner Molinによるモルクスーガンをふまえて、Janersgården Hantverkによって人形(工芸品)として商品化されました。それが長いしっぽでバランスをとるこの姿。スウェーデンのお土産としても人気です。

こちらは制作途中の様子。本体は木製です。

モルクスーガン人形を取り扱う日本のお店

日本でも、モルクスーガンの人形を取り扱うお店があります。ウェブショップでは北欧雑貨のLiLiCoCo。店舗では軽井沢の北欧アンティークのお店で取り扱いがあるようです。

スウェーデン出身のLiLiCoも笑顔。

何故だか、軽井沢に行った時についてきちゃいました。

軽井沢のお店での入手情報も。

そんな星野エリアの一角にある北欧アンティークのお店で、出会いが。これ! 北欧のスウェーデンの森の妖精「モルクスーガン」。

軽井沢の星のリゾートエリアの一角にある北欧アンティークのお店とのこと

モルクスーガン人形のいる素敵な写真たち

最後にもう1枚。スウェーデンの森に棲むという妖精、モルクスーガン。夜の森の絵の上にいます。 ”旅のスケッチ展4 Finland&Sweden Sketchbook” 銀座 月光荘 画室2 中央区銀座8-7-18 1階、17日までです! pic.twitter.com/DxyIUXVkhs

1 2





falarfemさん