1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

zatujinさん

日本国民がガチで投票!お菓子総選挙2016

チョコレート、スナック、キャンディー…誰もが一度は食べたことのある「あのお菓子」の中から
史上初!「夢の国民投票」を実施!!
エントリーするのは、どれも日本のお菓子の歴史を作ってきたヒット商品ばかり!
その中から国民1万人のアンケートによって「日本人に愛されるお菓子ベスト30」が決定!

前代未聞!ライバル会社・13社が一堂に集結!!
普段はしのぎを削って争うライバル同士が見守る中、企業のプライドをかけたガチンコ勝負!
果たして…No.1に輝くのはどの企業のどのお菓子なのか!?

結果がこちら

なんと10位中5位も入賞!

そんなカルビーの会長が言っていたことが証明されたと話題に

今テレビでやっているお菓子総選挙でカルビーのお菓子がめちゃくちゃランクインしてるんですけど、ここでカルビー社長がいつかテレビで言っていた事が正しかったと証明されましたね。 pic.twitter.com/b9uYEopyIo

話題の会長は松本晃会長

正確には代表取締役会長兼CEO

共感できる!

国内市場は縮小傾向にあり、競合企業もひしめきあっています。どのようなアプローチで打ち手を考えたのでしょう。

 まず業績が低迷している原因を人に求めず、仕組みに着目しました。前任者を否定して人事を刷新する経営者もいますが、なんの意味もありません。

 最近は仕組みをくわしく説明するのが面倒になって「集中購買でコストを下げました」なんて言っていますが、はじめから理屈を組み立てていました。それにそって、当たり前のことを粛々と実行しているだけですよ。

 みんな頭が良すぎるから、経営を複雑にしてしまう。すると、理屈を従業員が理解できず、戦略を実行できません。だから、私みたいに“中の上”くらいの頭が経営者に向いているんです。理屈をシンプルにすると、従業員が納得してついてきてくれます。

すべての会社がこういう考えならいいのに

@Rock_ozanari 共感しましたよ。 ツール(道具)と生きた人間の区別の出来ない組織に繁栄などありえませんね。

@Rock_ozanari いい会社ですね。経営者が何処を向いて仕事するかの視点は重要です。同時に、従業員もいつかは経営者になるかも知れないのだから、雇われ人視点ではなく経営者目線で仕事するのも大切だと思います。多分Calbeeってそういう社員が実績上げているんだろうな。

名言が納得いくものばかりだった

逃げずに問題にぶつかっていった結果、将来が開けた経験が何度もある。

問題がビジネスをつくる。
問題のないところにビジネスは存在しない。

経営者にとっての最も重要な資質は逃げないことだ。嫌なことは誰でも好きではないのだが、人の上に立つ者が逃げてどうなるのだ!

トラブルが生じたならば、「よーし、俺の出番だ!」と前向きに考えるようにしている。トラブルは人を成長させる。

本質を見抜く感覚は、机上で養うのではなく、どんどん現場に出ることで磨かれる。

企業の99%はトップで決まる。

大事なのは、現場を見ることです。現場を見ないとわからないことがたくさんあります。

もちろんカルビーは一流企業

カルビーが5月13日に発表した2016年3月期の連結決算は、売上高が前期比10.8%増の2461億円、営業利益が16.3%増の281億円となるなど、売上高・利益とも過去最高を更新した。

経常利益は3.6%増の265億円、純利益は19%増の167億円だった。

 今期は、シリアル食品とポテト系スナックの販売拡大と海外事業の強化を図り、売上高が6.4%増の2620億円、営業利益が10.2%増の310億円、経常利益が13%増の300億円、純利益が6%増の178億円を見込む。

桁が違う・・

入りたい人もいっぱいいるw

昨日のお菓子総選挙で見たカルビーの職場楽しそうだったから、今のごみみたいな仕事辞めてカルビーに就職したい

カルビーのじゃがりこ担当とAERAの編集部の人は、仕事でダジャレを考えなあかんから大変ね。

カルビー、毎日色んな他部署の人間と仕事するとかコミュ力ないとヤバそう

1 2