1. まとめトップ

1964年 岩木山遭難・大館鳳鳴高生の五日間で4名死亡の惨事から考える

1964年 岩木山遭難・大館鳳鳴高生の五日間で4名死亡の惨事がありました。5人の高校生が冬山の岩木山に登って、4人の若い命が失われる惨事となりました。捜索も経験がない中で難航して、5日間も発見できない事態となりました。

更新日: 2017年08月12日

0 お気に入り 3753 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

「目を閉じると彼らは一六、七歳で止まったまま。それから全然動かないのです」あの世にいって彼らと会ったら、きっと昔のままだと思う。唯一の生還者は、そう言った。

◆高校生の遭難

6人は大館駅で1月4日午前6時に集まる予定でしたが、乳井が遅れたため、登山口の百沢の岩木山神社前に着いたのは正午でした。

三ッ倉君なんか前日にさそわれて行っていますから装備が足りないというのでべースキャンプに残り大事にならなかった。

1964年(昭和39年)1月に、秋田県大館鳳鳴高校の山岳部員5人が遭難し、4人が死亡する遭難事故が発生した。当時は高校生だった登山家の根深誠が、この捜索活動に参加していた。

当時山では風速二〇メートル、気温がマイナスニ○度といわれていますが、風は体温を奪いますし、風速一メートルにつき一度分の寒さを感じますので、遭難当時の気温と風を考えると、マイナス四〇度もの相当な寒気に襲われたことになります。ですから装備に手抜かりがあれば大変なことになるわけです。

◆雪の中で下山ルートを見失う

簡易ではあるが、寝泊りもできるようになっており、吹雪の時などには、1泊できるようになっています。

場所:岩木山頂、標高1625m
建設年:1987年(昭和62年)
小屋構造:木造平屋建
収容人数:板敷部のみで10人ほど
電気・水道設備なし
トイレ:隣の別棟にある
無人で24時間オープン

村井たち5人は、岩木山頂に到達したものの、下山ルートを見失い、迷ってしまいました。村井と乳井は頂上に戻ることを主張しましたが、畠山と金沢が下山を主張し、リーダーの石田は下山を選びました。

夜中、乳井は、もう里近くまで来ているはずだから、自分が助けを呼びに行く、と村井に言いました。村井がうとうとしているあいだに、乳井は装備をすべて置いて出発していました。

鳳鳴ヒュッテは、高校生が冬山で遭難した事を受けて1965年設置されたもので、非常に老朽化していますが、コンクリートを積んで作られているので頑丈で、今でも利用可能となっています。

村井さんは、遭難時の凍傷で右足の人さし指を切断した影響で、階段や坂を上ると脚に痛みが走る。

◆捜査当局の意思決定の愚かさ

捜査は百沢方面中心に行なわれることになるが、これは普段の管轄が百沢口は弘前警察署、長平口が鯵ヶ沢警察署ということもあったからだ。

そもそも、警察では誰も雪山の遭難の救助活動をしたことがなく、警察署にはカンジキもなければ、ヘッドランプもなかった。

捜索の応援に駆けつけ「頂上から360度捜索すべき」と主張した弘前大学山岳部や、当時、弘前高校生で後年に山岳家となった根深誠らの意見は年少者の意見ということで全く取り上げられなかった。

さらには、遭難した高校生の地元、秋田県大館から駆けつけた山岳者や山岳部OBといった人たちは“よそ者”扱いされた。

地元山岳関係者たちは、山頂に人をあげ、食料と燃料の補給を受けながら、捜索したいと思っていました。悪天候のため高校生たちはそう遠くへは行けないはずでした。しかし、対策本部は、そうした意見に耳を貸さず、ただただ百沢方面でのみ、3日間でのべ500人を超える大捜索を行いました。しかし、何の手がかりもつかめませんでした。

◆2014/07/12 東奥日報

1964(昭和39)年1月、秋田県立大館鳳鳴高校山岳部員4人が岩木山で死亡した遭難事故から50年を迎えたのを受け、4人の同期生や遺族たちが11日、慰霊登山を行った。関係者も高齢となり、岩木山での慰霊登山は12回目の今回が最後になる見込み。

慰霊登山は、死亡した当時2年の部員3人の同期会「十七会」が主催。98時間に及ぶ彷徨(ほうこう)の末、ただ1人生還した村井秀芳さん(67)=東京都在住、当時2年=も加わり、6年ぶりに岩木山を歩いた。

一方で当時を振り返り、「(吹雪で)道に迷った時、山頂の石室に戻れば良かった。そういう時に、安全のため、どういう決断ができるかだ」と教訓を口にした。そして「(事故当時は)若すぎるくらい若かった。ただ、こういう事故があったことは忘れてもらいたくない」と力を込めた。

◆岩木山9合目の鳳鳴ヒュッテ(避難小屋)

岩木山の9合目にある避難小屋です。昔、鳳鳴高校の山岳部員が風雪に打たれて遭難したことを悼んで建てられたそうです。

1