1. まとめトップ

米国のオハイオ州立大で襲撃事件、襲撃犯はソマリア難民だった・・・。

米中西部オハイオ(Ohio)州コロンバス(Columbus)にあるオハイオ州立大学(Ohio State University)で28日、男が車で通行人を次々とはねた上、肉切り包丁で人々に切り付ける事件が発生し、9人が負傷した。

更新日: 2016年11月29日

0 お気に入り 580 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

345tyanさん

米中西部オハイオ(Ohio)州コロンバス(Columbus)にあるオハイオ州立大学(Ohio State University)で28日、男が車で通行人を次々とはねた上、肉切り包丁で人々に切り付ける事件が発生し、9人が負傷した

Ohio State University attacker was a SOMALI REFUGE. Trump was right AGAIN. #BuildTheWall

Columbus, Ohio: Somali Muslim crowd of 2,000 Leeches turns violent waiting to apply for FREE apartments! Ohio Sta… twitter.com/i/web/status/8…

米大統領候補である #トランプ 氏が #ミネアポリス で演説。同市に存在する最大のソマリア人 #難民 のコミュニティを「#アメリカ の敵である」と名指しで口撃した。#アメリカ大統領選挙 theguardian.com/us-news/2016/n…

しかしアメリカ大統領選挙が行われたのと同日、ここミネソタ州の州議会選挙にて、「アメリカの歴史に新たな1ページ」が加わりました。

ソマリア難民出身でミネソタ州議会に進出したイルハン・オマル氏(34=民主農夫労働党)も、トランプ氏が好まないイスラム教徒難民出身だ。オマル氏は9歳だった1991年、ケニア難民キャンプで4年間過ごし、1995年に米国に渡り、20年余りで政界進出の夢を叶えた。

1