1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

黒歴史?『逃げ恥』の二人が「深夜ドラマ」でぶっ飛んでいた件

『逃げるは恥だが役に立つ』の星野源さんにガッキー。過去の深夜ドラマでは別人すぎる役!きもかったり血を吐いていた・・・。

更新日: 2016年12月05日

119 お気に入り 415348 view
お気に入り追加

■秋ドラマで大ヒットの『逃げ恥』

第8話が平均視聴率16.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下、同)を記録した、新垣結衣の主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』

『逃げ恥』は、35年間恋愛経験がない平匡と、家事代行の雇用関係を結び“契約結婚”をしたみくりとの初々しい共同生活を描いたラブコメディ。

・高視聴率の理由は、みくりと平匡に共感と好感

実際には『逃げ恥』の2人のように、恋愛に不器用な人が多いのではないか。だから、共感できる。

平匡の“童貞告白”に称賛の声が相次いでいるほか、女性とみられるユーザーからは、「童貞をカミングアウトした平匡さん、カッコよかった。

平匡さん 「 いいなあ… 愛される人は 愛される人は…いいなあ 」 このセリフ共感 このシーンで涙でてきた 源さんのこの声泣かしにきてる 源さんも津崎さんも周りに愛されてるさ #逃げ恥 #津崎平匡 #星野源 pic.twitter.com/5dqKwa187A

あたしも最近かつおぶしでだしとってるし、みくりの考えてること共感しかないし、あたし実は新垣結衣ちゃんなのでは??

▼そんな二人が『深夜ドラマ』でぶっ飛んだ役を演じていた

■共感は?エロビデオ時代が衝撃すぎる星野源さん

そんな今もっとも旬な男、星野源に知られざる「エロビデオ時代」があったことをご存知だろうか?

『未来講師めぐる』(みらいこうしめぐる)は、2008年1月11日から3月14日まで毎週金曜日23:15 - 翌0:10に、テレビ朝日系の「金曜ナイトドラマ」枠で放送された

エロビデオというあだ名の江口秀夫先生(星野源)。知らなかった、全国の江口ヒデオさんがそんなツライ目にあっていたなんて。

江口秀夫→江口ヒデオ→エロヒデオ→エロビデオ
と、もじった名前。

・「逃げ恥」とギャップがすごい!ヤバくてきもい・・

第7回の『恋するエロビデオ』では、生徒の母親・絵里子(役:野波麻帆)が、自分が好きだった元人気AV女優・沢樹あんなだと知り、騒動に巻き込まれる一幕も......。

江口が絵里子とのHを期待したのか、制服まで持ち込んでいた

最近はやりの星野源くん☀︎。。。 昔っから好きで周りのみんなに薦めたが見てもらえなかったドラマ未来講師めぐる。。 それに出てるんだよ。。みんな見て! 未来講師めぐる 塾講師江口ひでお役が星野源だよ! 生徒からはエロビデオってあだ名だよ(笑) ギャップやばいよ(笑)

俺的に 星野源の演技でいちばん光ってたのは 8年前のドラマ「未来講師めぐる」でエロ塾講師役をやった時の狂気

■デビュー作の深夜ドラマで、ぶっとんでいたガッキー

『Sh15uya』(シブヤフィフティーン)は、2005年1月10日から3月28日まで、月曜深夜3:12 - 3:42にテレビ朝日で放送された特撮テレビドラマ作品。

エマ(新垣結衣)という少女がいる。若者たちの中で唯一彼女だけがピースを倒す能力を持っている。彼女は何者なのか・・・

1 2





何故だろうさん

イケメンと美女を中心に、お役に立つ雑学と疑問に思っている事をまとめています。