1. まとめトップ

DeNaのwelqのSEO対策調べ。村田マリ辞任(追加 ヘルスケア大学問題発生)

最近のSEO対策で唯一、天下のグーグルを敵に回して、検索上位表示を独占するノウハウを手に入れたDeNa主催のウェルク。新しい潮流として「キュレーション型スパム」というSEO手法。グーグル先生の検索エンジンを麻痺させてしまった原因の16の点についても分析。

更新日: 2017年11月10日

34 お気に入り 132491 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

3scom2さん

MERYは11月21日(火)から新たにスタートします。 ファッション・ヘアスタイル・美容・コスメ・おでかけ・恋愛などの「好き」に出会える情報を毎日お届けしていきます。 #女の子の数だけ好きがある #好きを見つけよう #MERY pic.twitter.com/8bIa941iBs

新MERYなども「少しでも問題あることをしたら他社の数十倍は叩かれる」ことを覚悟して始めるのでしょうし、どういう良いサービスが出来るのか楽しみです。 もちろん公開されて実際に問題あるなら今まで以上に叩く側にまわると思いますが、現段階で叩こうとは私は全く思えないですね。

【ニュース!! ヘルスケア大学問題第2弾始まる!!!】あの、トンデモ医療サイトのヘルスケア大学から、弁護士通じて法的措置を検討する旨の内容証明が到着。ほかにも批判した人に内容証明が届いているはずです。全く反省してないようなのでみんなで共闘しましょう!!

MERYの「ペロリ」決算公告(第5期) 第5期 決算公告 当期純利益:▲16億7,679万円 利益剰余金:▲21億4,112万円 - 官報ブログ kanpo-kanpo.blog.jp/archives/16989…

“ヘルスケア大学に登録されている医師の70%ぐらいが歯科” / “ヘルスケア大学の歯科医師数の実態調査 - (続)とある最底辺歯科医の戯れ言集” htn.to/cb2eyy

【ニコリー、NICOLY、nicoly.jp 読者の皆様へ】 読者の皆様にはご迷惑をお掛けして申し訳ございません。ご不明点がございましたら全て代表の檜垣が対応致しますので@メンションを頂ければと思います。 nicoly.jp/about/release

誰も知らないが、近いうちにヘルスケア大学が大炎上案件になることを予言しておこう。いままでのはエピローグに過ぎなかった

フレッドアップデートとは。ホワイトSEOが落ちる理由

アフィリエイト全般が、今回のGoogleのフレッドアップデートで下落傾向にある。
その仕組みや理由は公開されていないが、傾向から見えるタイプがあります。
村田マリ症候群とも呼べる「過剰SEO」に特化した対策と見れます。

金儲けだけのSEO対策はフレッドアップデート対象に

welqのSEO対策は、検索結果で上位表示がされる事で、welqの媒体価値が上がります。
そして「広告万歳」のタイプで、広告費を高くする理由として上位VPとしたわけです。
これにグーグルが「逆鱗」。
日本初とも言われる金儲けだけを目的としたサイトやページは、このフレッドアップデートの対象になる事になりました。

金儲を自慢していたアフィリエイトのSEOノウハウから発覚

DeNa騒動から数ヶ月たち、検索結果の上位表示が維持ができる集団がありました。
それがアフィリエイトの方々です。
そして、そのノウハウはDeNaを凌ぐ頭脳集団であり、また、一部の方々は「村田マリと同じ手法」で検索結果を上位表示させている実績があり、また収益があることが発覚しました。

Googleからみたら、同じ症状だと断定している

ホワイト系SEOのアフィリエイトが落ちている理由は、グーグルが狭い了見で、アフィリエイトも同じ村田マリ症候群の「患者」だと断定している点です。
つまり、金儲けだけを目的としたコンテンツと、金儲けだけをメインとした上位表示がメインとなっており、その罪状にあるサイトやページは、ペナルティ対象とした点。
ホワイトSEOでアフィリエイトをしていても、アフリエイト自体が「黒系」と断定。
それはないよ!状態です。

Googleの正義は数年後に判定

アフリエイト自体は、商売の中のひとつの手法であり、全てが悪ではありません。
よって、グーグルの判断が良いか・悪いかは判断ができません。
しかし、今のアップデートを見ると、「アメリカ式のロジック」によって、判断しており、日本人的な家族主義的判断は、グーグル的には通用しないでしょう。
正しい判断であったかどうかは、数年後にわかります。
リンクペナルティや低品質ペナルティなど、時代と共にブラック系は変化します。

アフィリエイトのサイトが上位表示され続けている理由とは

しかし、アフィリエイトサイトが、これからも、今後もずっと上位表示されている理由に、今後のSEO対策の秘密もあります。
それは、「アフィリエイトサイトであっても、非常に役に立ち世の中に貢献している」という点です。
アフィリエイトサイトであっても、それが専門家を凌ぐノウハウや情報があります。
まさに、グーグルが渇望している「情報サイト」であります。
こうしたサイトは、アフィリエイトサイトであろうと、人気投票で上位にいたほうが、グーグルにとっても「良い検索結果」になるからです。

このため、いわゆるコンテンツキングという、ありふれた終着点になりますが、ある程度、SEO対策の真実にはなります。

正しいSEO対策はアフィリエイトの人達から学ぶのが一番?

今回のフレッドアップデートで「生き残ったアフィリエイトサイト」は、非常に強いコンテンツキングのサイトを運営していると証明されます。
そのため、実はアフィリエイトのノウハウは、そのまま、現在進行形で、非常に良い「SEO施策」であるという裏返しの証明にもなります。
企業も個人も、ある程度は、アフィリエイトのノウハウから学ぶ事が必要だと思います。

4/18変動は2/11、3/10の変動と似ている部分が多くて月例化の印象ですね。 とても乱暴に括ると「SEOに依存/注力した記事大量生産系サイト」が順次落ちているのですが、そういうサイトは毎月爆発するかわからない爆弾を抱えているわけで方針を考え直すべきなのかも。

今回の変動ではホワイトでも落ちているというウワサを聞きます。ホワイトだから落ちているのかもしれない。 みうはページ数が多い割には被リンクが少ないサイトが落ちていると思っています。これが本当ならホワイトだから安全とは言えないですね。自演リンクを付けたほうが安全になります。

今年は鬼に加えてフレッド君まで暴れまわって、激動の一年になりそうだな pic.twitter.com/i8WC4twh2N

何度も言ってますが、アフィリエイトするなら大企業の商品・サービスを紹介するに限る。私が知る限り、特別単価の上限が高いのは大企業と外資系資本。彼らからすればアフィリエイター一人に月1000万払ってもハナクソレベル。大企業 is 最強。もしくは自分が広告主側になるしかない

Mocosukuのサイト群が昨日の変動でやられた

welqが無くなっても、結局は「同類」が、またGoogleの鉄槌になるだけ。

1 2 3 4 5 ... 20 21