1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ako_pppさん

少し大きい靴を買ってしまった、革が馴染んで大きくなってしまった、などの場合の対処法。
すき間ができているかかとにクッションやパッドを貼りがちですが、まず試してもらいたいのはインソール。サイズ調整をしないと結局足が前に滑ってしまうからです。

ハーフソール

靴のつま先からかかとまで全体に入るタイプのインソールを選ぶと、かかとの部分が高くなり、さらに脱げやすくなってしまう場合があるので、まずはつま先の方、前半分だけに入るタイプのインソールを試してみてください。見た目にも目立つことなく調整が出来るのでオススメです。

0・5ミリ単位で様々な厚みがあります。実際に履く靴と合わせて試してみて下さい

ストッキングの方におすすめ 滑り止め機能付きインソール

ストッキングやタイツの素材で前に滑りやすくなり、つま先に負担がかかることがあります。そういう時は滑り止め機能のついたインソールがおすすめ。
上と同じく厚みが色々ありますので靴と合ったものを選んで下さいね

靴ずれ防止テープ

靴擦れになる場合はかかとのすべりを良くすると改善される場合があります。
靴に貼る靴擦れ防止テープがおすすめ

痛みを軽減させるジェル貼り付けタイプ

マメ、ウオノメなど一部だけどうしても痛いところがある場合はジェルタイプもおすすめ。
クッション性があるので当たりが緩和されます。
厚みがあるのでサイズぴったりの靴に貼るときつくなることがあるので注意

土踏まずサポート

土踏まずが沿わない靴を履いていると足に負担がかかりやすくなり疲れてきます。
そういう場合は土踏まず用のクッションをプラスするといいかも。
立ち仕事の方にもおすすめです!

土踏まずを支えるインソール

オールソールのタイプもあります。ブーツなどに使っても良いです。

いかがですか?
靴のサイズ感や足の特徴によってそれぞれ相性がありますので、百貨店の靴売り場などなど実際にシューケア用品を試せるお店で試してから購入されるのがおすすめですが、ちょっとしたことで履けなかった靴がラクに履けるようになったりもしますので、ぜひ試してみてください!

1