1. まとめトップ
  2. おもしろ

Twitterで見かけた『武士かよ!』ってなる話がじわじわくるw

期せずしてこの現代社会にタイムトリップしてきた"武士(的な人)"たちの報告事例をご確認下さい。。

更新日: 2016年12月13日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
260 お気に入り 159065 view
お気に入り追加

◆『言い間違い』によって、不覚にも"武士"になったでござる。。

バイトで「〜円お預かり致す」とか言っちゃったし武士かよ

スーパーでカート押してる時道を譲ってくれたおじさんに対して、バイトの時の癖で 「失礼いたします」 って言いそうになったのを慌てて飲み込んだ結果、 「失礼致す」 って言ってしまった。 武士かよ……

レジで商品を落とした店員に「申し訳ございませぬ」と謝罪された(笑) 戦国時代から現代にタイムスリップしてしまい戸惑いながらも必死に社会に順応しようとコンビニバイトを始めた武士かよ。頑張れよ

「何者」って映画の曲を中田ヤスタカがやってるってことを友達に伝えたかったんだけど、何者っていう映画名自体が思い浮かばなくて、「何奴」とかいう映画あるじゃん?っていったら武士かよwwwいつの時代生きてんだよwwwってツッコミ入れられました。

今日仕事中の出来事 僕「営業職はつらいよなー」 友「やなー【ぶこうせい】やもんな」 僕「は?」 友「ぶこうせい」 僕「武功?武士かよ」 友「?」 歩合制のことでした

◆『メール』の文面が"武士"っぽくなったでござる…

前世からの癖がつい…

母から「急に寒くなったけど達者か?」ってメールが着て職場で噴き出した 武士かよ

バイト先へのメール「これでいいですな?」って送ってしまったあああああ!!!!武士かよ!!!!やっちまった!!!!スルーしてくれ!!!!

疲れからか仕事のメールで「お願い致します」って書くべきところを「お願い致しまする」って書いちゃって武士かよwwwwって一頻り笑われた

◆『侍語』で返してくれて、誠にかたじけない。。

コンビニで弁当を買ったら店員に 「温めますな?」と言われたんだ。 動揺しつつ 「さようでござる。」と答えた

電話対応は新入社員の仕事なのだが今日電話番だった子が「申し伝える」を「伝え申す」と言い間違えて聞いてた全員が一拍固まったところで教育担当の上司さんが「かたじけない」って返したのが本日のハイライト。

バイト忙し過ぎて 「ご注文お決まりでござるか」 って言っちゃってフリーズした私。 「拙者、ざる蕎麦で」 「拙者、もでござる」 って返してくれて、その後ざる蕎麦持って行ったら 「かたじけない、いただくでござる」 って割り箸パキンって割ったサラリーマン二人組は忘れられない

文庫本をレジに持ってきたお客さんに「カバーをおかけしますか?」と聞くところを言い間違えて「カバーをおかけしまするか?」と聞いてしまった。お客さんはかなりびっくりした顔をしながらも「頼むでござる」と返してくれた。恥ずかしかったけど癒された。

◆『あだ名』が"武士"になったでござる \(^o^)/

何故、そうなったでござるか…(汗)

新人の敬語がむちゃくちゃすぎてあだ名が武士になった

電話対応テンパリすぎて「恐れ入り申すが」とか「承知いたしまする」とか崩壊した敬語を連発しまくってたら今日ついにお客様から「あの武士の子いる?」って電話かかってきたでござる切腹したい。

昔好きだった地元のバンドマンが合コンに行った時にテンパりすぎて語尾に「○○でござる!」って付けてしまって、そこからあだ名が武士になり、最終的には喋る度に「うるせえ落ち武者!黙っとけ!」って言われてたって話をふと思い出してめちゃ元気出た

今日は無意識に別室にお邪魔するときに「たのもー!」相槌に「そうですな」謝罪に「申し訳ございませぬ」とか口にしてしまったから、そろそろ私のあだ名が武士になってそうだなんて思ってる。

会社の先輩が俺の事を呼ぶとき「お主」と言うからその人と話すときだけ一人称を拙者にしてたらあだ名が武士になったでござる。

◆その『所業』…まさに"武士"のそれ。。

電車でドア脇にたってたおじさんが、あおいでた扇子パチンと閉じたと思ったら、外からすごい唸るような羽音で入ってきたでっかい蜂をスコーンと打ち返して、次の瞬間ドアが閉まって、そしたらまた扇子ひらいて普通にあおぎ始めたから、このおじさん武士だと思う。

電車で隣に座っていた女の子たちが、「ほら私ってござる系女子じゃん」「あ、超わかるゥ」という会話をしていたんだが、ござる系女子ってなんでござるか…拙者には全然わからないでござるよ…

1 2





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。