1. まとめトップ

DeNA医療情報サイト ウェルク(WELQ)問題まとめ【何が問題だったのか?】

DeNAは11月29日WELQの全記事を非公開にすると発表。掲載した医療情報の信憑性が問題視されていることを受けての判断で、何が問題だったのか経緯や都議会議員 おときた駿さんが都の福祉保健局健康安全部に働きかけた点など時々系列にまとめました。12月7日には守安功社長、南場智子会長が会見に出席し謝罪。

更新日: 2016年12月12日

IToyajiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 54414 view
お気に入り追加

DeNAが運営していた医療情報サイトWELQ(ウェルク)が問題となっています

ディー・エヌ・エーは29日、同社が運営するヘルスケア情報キュレーションサイト「WELQ(ウェルク)」内の医療情報の信憑(しんぴょう)性が問題視されていることを受け、サイト内の全記事を、同日午後9時をもって非公開としたことを発表した。

どのような経緯から記事を全部非公開とまでなったのでしょうか?

DeNA といえば、モバゲーで有名な東証1部上場の大会社だよね。

プロ野球の「横浜DeNAベイスターズ」まで持ってる会社なのに、問題起こしちゃったのか。

株式会社ディー・エヌ・エー(英語: DeNA Co., Ltd.)は、インターネットにおけるオークションならびにショッピングサイト、およびモバイル向けポータルサイトの企画・運営等を行う日本の企業である。

1999年3月 - 東京都世田谷区に有限会社ディー・エヌ・エーを設立。会社設立者は南場智子。
2005年2月 - 東京証券取引所マザーズに上場。
2007年12月 - 東京証券取引所市場第一部に指定替え。
2011年12月 - 東京放送ホールディングス(TBSHD)から球団株式の譲渡を受け横浜ベイスターズ改め「横浜DeNAベイスターズ」が誕生。

10月26日 「死にたい」検索トップの「welq」の記事が不適切と話題になります

記事では、「死にたい、消えたいと思ってしまう深層心理」として、「承認欲求が強い」「責任感が強い・真面目」「一貫性がない」などをあげており、24日までは、転職サイトの自己分析サービスのアフィリエイト広告を掲載していた。

この記事について、SEO(検索エンジン最適化)専門家の辻正浩さんは、「非常にセンシティブなため全力で配慮するべき[死にたい]等の検索で上げるモラルの無いSEOを行っている」「本当に悩んでいる人が読むと追い込まれる内容をメディアが公開している」「それを使ったマネタイズというモラル無い行為」などの問題を指摘。

問題点をまとめたTwitterモーメントがネットで反響を呼んでいた。

11月24日から有名ブロガーの永江一石さんが問題提起を行います

人の生き死にや不安につけ込んだり
デマをまき散らしたり
医学の知識のない人がウソ書きまくったり
パクリという著作権侵害やりまくったり
薬事法(現薬機法)違反をやりまくったり
を馬鹿アフィリエーターではなくて、上場企業でしかも野球チームまで所有する企業がやっていいものでしょうか

11月25日にはヤフーのTOPニュースで、WELQが専門家の監修を行うと発表と報道

こうした問題について、同サイトは医師や薬剤師、薬機法などの知見がある専門家による監修を始めるとの対策を発表。公開されている記事に対し、11月24日から医師や薬剤師などの専門家に医学的知見からの監修の依頼を開始したとしています。また10月17日から、薬機法などの専門家が所属するパートナー企業に監修の依頼をしているとのこと。

 今後順次、公開されている記事への専門家による監修を行い、問題があると判断した場合は記事の削除などを実施。記事中には監修した医師や病院の名前を表記するとしています。

11月26日に永江さんはDeNAの発表について、さらに追求記事を書きます

リリースに全く責任感がないのが明確

Yahoo!のトップニュースにもなりました。
内容に問題ありと指摘されていた医療情報サイト「WELQ」、専門家の監修を行うと発表
しかしこの発表を見ると、あまりに無責任で開いた口がふさがりません。危機管理がなってない。とりあえず逃げとけ感がありありです。だいたい、精査はいつまでにするとかもないし、精査するまでウソ情報を垂れ流しますってあり得ないでしょう。焼きそばだってひとつからゴキブリ出ればとりあえず全商品回収して廃棄するでしょ。で、工場設備を綺麗にするまで再開しない。DeNA経営陣はペヤングに丁稚にいきなさい。

11月27日には永江さんは、なぜこのような記事が量産されているかを解説

まず、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングも「最低委託費用」を絶対に設定するべきだと思う。法律ではなくて自主的に、だ。
1文字1円での発注は、「盗んでこい」というのと同じで「泥棒募集します」という広告を掲載するようなもの。こんな金額でまともに取材して書けるわけがない。大規模なパクリ問題の根幹は、それでいこうと考える企業と、仲介をするふたつの企業ともにコンプライアンスに問題がある。両方とも上場してるとか信じられない。

1 2 3





なんにでも興味を持って調べたことをまとめています。
いまの時代、新しい言葉や概念がどんどん出てきて、すごいですね。
連絡はtwitterで @IToyajiM までお願いします