1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

COCO太郎さん

パパとママが赤ちゃんに虫歯菌をうつしている!?

虫歯というのは感染症です。虫歯はミュータンス菌を代表とする原因菌の感染によって引き起こされます。

ママやパパに虫歯菌がなければ、当然感染はしません。しかし過去に虫歯になったことがある人は、必ずミュータンス菌を持っていて、その割合はなんと日本人の約90%以上と言われています。

大人から虫歯菌がうつるのは何歳から何歳まで?

生まれたばかりの赤ちゃんの口には、細菌はいません。成長していく過程で、徐々にいろいろな菌が入ってきて、細菌叢が決まっていきます。

細菌の定着が起こりやすいのは、前歯が生えはじめる頃から、奥歯が生えてくる1、2歳頃までと考えられています。この時期までに口の中の細菌叢がだいたい決まってくるのです。

3歳までに虫歯菌の感染が起こらなければ、その後は虫歯菌が増えにくい口内環境がつくられる、と言われているので最初が肝心

重要な対策3つ

対策1:箸やスプーンは共有しない

まずは、大人の唾液が子供の口に入らないようにすることが大切です。食べ物を咬んでから子供に食べさせるのはダイレクトに虫歯菌を与えてしまいます。お箸やスプーンもお子さん用のものを準備した方がよいでしょう。

対策2:親も口内をキレイに!

お母さんお父さんの口の中をきれいに保つことも大事なことです。虫歯があれば治療を行い定期的にメンテナンスすることで、大人の虫歯菌の数を減らして子供に感染させるリスクを低減できます。キシリトール入りのガムなども虫歯菌の増殖を抑える効果があるといわれています。

対策3:飴など、砂糖のたくさん入ったものはNG

砂糖の入った食べ物を多く摂取すると虫歯菌がどんどん増殖してしまいます。とくにアメなど口の中に長く残るものは、虫歯菌に栄養を与えることになるので避けた方がよいでしょう。

予防には「歯磨き」が重要

子供がミュータンス菌に感染したとしても、口内ケアをして歯垢や糖分を一掃しておけば虫歯を防ぐことができます。
当たり前ですが、そのためには、よく歯を磨くことです。

赤ちゃんの歯磨きを始めるタイミングは、最初の歯が生えたときからです。

大切なのは、赤ちゃんの口の中に虫歯菌を滞在させないようにすることです。水を小まめに飲んで水分補給をし、虫歯菌を流すことが有効な手段といわれています。

1