1. まとめトップ

【要注目】12月から変わる洗濯表示の覚え方

2016年12月1日から、JISとISOの統合が図られ、JISのマークは新しい「新JIS」へと変更がされます!新JISでは、記号の種類が22種類から41種類に増え、繊維製品の取扱いに関するよりきめ細かい情報が提供されるようになるとか。要チェックです!

更新日: 2016年11月30日

0 お気に入り 803 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cocoa28さん

JISから新JISへ変更されます

衣類など繊維製品の洗濯表示を定めた家庭用品品質表示法に基づく規定が改正され、12月1日から施行される。

国際規格に準拠した表示に変わるほか、ドラム式乾燥機による「タンブル乾燥」など新たな記号が追加され、22種類から41種類に増える。

12月から洗濯表示が国際規格に合わせて数が増えるとの事。平成3年に国際標準化機構(ISO)が国際規格を制定したのに日本は替えることなく日本工業規格(JIS)を継続。今年は平成28年、昨年3月から規格統一の準備をしていたとはいえ、20年以上も放置とはいかにも日本って感じですな。

明日から洗濯の取り扱い絵表示の表記法が変わるの一般人の認知度はどれくらいなんだろうか

何故いまさら・・・?

海外から輸入した繊維製品は、ISO(国際標準化機構)規格の取り扱い表示となっており、国内で販売する場合、日本の現行JISの表示に付け替える必要がありました。

日本国内のアパレル企業が海外の工場で生産をする背景や、貿易活発化による輸入増加が発端なのでしょうかね。

新JISを見た人の感想は。

洗濯物の表示マークが変更されるって聞いて、調べたりするんだけど、現JISマーク本当いい仕事してるなって思うよ。(特に自然乾燥系

洗濯に関するJIS記号、すごく変わるな。これ、意味わからんで…

例えば、わかりやすい洗濯表示早見表を、ユニクロやしまむらなどで、配布したらいいのかも。 (消費者庁とJISの音頭とりはどうなってんのかな…) https://t.co/oD5PJbCa8O

へー、来月から衣類の洗濯表示が変わるのか。JIS規格から国際標準のISO規格に。見た目も変わり種類も変わるから、最初のうちはとまどいそう。

問題の41種類の記号です

新たな表示は、「家庭洗濯」「漂白」「乾燥」「アイロン」「クリーニング」の五つの基本記号と、洗い方の強さや温度、禁止などを表す付加記号と数字の組み合わせで構成される。

マークの基本的な考え方の変化は、これまでの「こう洗濯するのがよい」という意味から「これを限度に洗濯する」という上限を示す意味合いになったことです。

こ、これは細かェ。。。

1