1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

逃げ恥好き必見!!こじらせ男子が出て来る漫画が面白い!

星野源さん演じるこじらせ男子:平匡さんに夢中…「逃げ恥」が絶好調!でも実はこじらせ男子が出て来る漫画には名作が多かった…モテキ,モンクロチョウ,げんしけん…痛いけどついつい続きが気になる名作たちをまとめてみました!

更新日: 2016年11月30日

critical_phyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
107 お気に入り 56440 view
お気に入り追加

視聴率も絶好調!クライマックスへ向けて盛り上がる「逃げるは恥だが役に立つ」

『Kiss』(講談社)で連載中の海野つなみによる人気マンガが原作のTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。森山みくり(新垣結衣)のお相手の津崎平匡(星野源)は、社会問題とも言われている絶食系男子だ。

星野源が演じる津崎には、雇用主でありながらも、どこか頼りなく、それが母性本能をくすぐるかわいらしさにつながっている。津崎は恋愛経験がなく、他人が自分の生活圏に入ってくることを嫌っているタイプだ。

仕事がうまく行かなかったり、恋愛がうまく行かなくて、主人公達の境遇に共感を覚える若者も結構多いと思うのです。

確かに…でも実はこじらせ男子が登場する漫画には名作が多いの知っていました!?

もはや説明不要の名作…こじらせ男子を理解するためには「モテキ」を読むべし!

青年誌のイブニングで2008年から2010年の間連載されていました。コミックは全4巻と別冊1巻。累計発行部数は180万部を突破。連載中よりも連載終了後に発行部数を伸ばすという、最近のコミック売り上げでは異例の漫画となっています。

恋にドヘタレな草食系男子、藤本幸世(29)にモテ期襲来!!猛禽系、処女系、ミステリアス系と、ありとあらゆる女性たちが幸世に猛接近。だが「俺は男として出来損ない」と自信のない幸世は敵前逃亡!?しかし更なるモテ期の猛襲が彼を追う――。

劣等感にまみれた草食系男子が、突然訪れた“モテキ”に戸惑い、4人の美女に翻弄されながらも真実の愛を求めて悪戦苦闘する姿を綴る。

「モテキ」の人気は、まずは藤本幸世というキャラクターの魅力なしには語れない。好きな音楽や漫画にはオタク並みの知識を持ち、人一倍恋愛に夢を抱いているものの、自信のなさとひねくれた自我により、女性との関係でことごとくドツボにはまっていく。

モテキの人気は、俺のような“童貞こじらせメンタル”のサブカル男子勢からの圧倒的支持だと思います。みうらじゅんさんも言うように、童貞というのは状態ではなくてメンタルのこと。主人公のモノローグに完全に同意してしまっている自分がいるんですよね。

主人公の異様なまでの卑屈な「こじらせ」発言や魅力的な女性たちのリアルな心理描写で読む人のこころを痛くする時も…。

モテキはこじらせ男子漫画だから絶対見たくないリストにいれてたんだけど「昔はこじらせてたけど今は卒業したという意識でいる人は、こじらせてる人のことを忌み嫌います」って指摘されててヒッて声でた

痛すぎる…だがそれがいい!「モンクロチョウ」にも共感の声!

岡部正也、高校2年、17歳。キレイな新興都市に住み、通っているのは他校の女子にモテモテな「チャラ高」。日々カラオケ、合コンと遊びまくり。見た目も悪くないので、超幸せな高校生活を送れるはずが・・・・できない!

「モンクロチョウ」は高校生・・・というより、人間のどろどろとした嫌な部分が全面に押し出されている。卑屈で卑怯で根暗でコンプレックスの塊で虚栄心が強く、誰かを見下していないと気分が落ち着かない。そういう、一言で言えば嫌な男が主人公だ。

幼なじみの桃子と合コンで知り合ったリサ、2人との関係に苦悩する正也の痛い青春が綴られる。

読み終わって・・・気持ちスッキリしました。こういう青春送ってみたかったなぁ~っと、淡々と日々過ごしてきた自分は思いました。

一時の満足感を得ても、他の友達は結局自分よりも一枚も二枚も上手の経験をしている事が発覚して更にコンプレックスを募らせて人間関係をこじらせていくみたいなのがこの漫画のメインストーリーみたいな感じです。

こういう人学年に1人くらいはいたな〜、と思いました。周りから見たら滑稽だし恥ずかしい奴だけどそういう懐かしい気持ちを思い出させてくれる作品だと思います。

モンクロチョウ読み終えたけど終わり方もまぁ納得いくこじらせ青春ものでしたありがとうありがとう

こんな青春送りたかった…「げんしけん」でもこじらせキャラが人気!

げんしけん(現視研)=現代視覚文化研究会という、オタク文化を研究する椎応大学のサークルを舞台に、 そこに集まってくる学生達のオタクな日常生活を描いている作品。

オタクはむしろ嫌いなのですが、わりと楽しめました。青春の雰囲気を楽しむマンガかなと。大学の部室の雰囲気が思い出されて、懐かしいです。この雰囲気をマンガで表現できるのがすごい。

1 2





個人的な趣味嗜好ばかりまとめてます。
みなさまのお役に立てれば嬉しいです。

このまとめに参加する