1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

positibraveさん

◇1901~2016年メジャーリーガー出身地分布図

◇アメリカ合衆国以外出身のメジャーリーガ比率

◇現役メジャーリーガー出身国 トップ10

10位 パナマ 8人

8位 日本 9人

大リーグに“日本投手優秀論”が渦巻き、その後“バブル”のように毎年、日本選手がメジャーへ挑戦。野茂以降、今年のドジャース・前田健太まで、22年連続して新たな日本人メジャーリーガーが誕生

8位 韓国 9人

1982年にスタートしたKBOは、これまで「メジャーに無視されてきた」。
昨季パイレーツと4年1100万ドル(約11億4500万円)で契約した姜正浩が「スロースタートで懐疑的な意見を煽ったが、パイレーツ屈指の価値ある選手、パワーを持つ万能内野手に成長」し、KBOに対する見方を変えた。

7位 カナダ 13人

6位 メキシコ 16人

5位 プエルトリコ 27人

1(左)アンヘル・パガン(ジャイアンツ)
2(中)ジョージ・スプリンガー(アストロズ)
3(遊)フランシスコ・リンドア(インディアンス)
4(三)カルロス・コレイア(アストロズ)
5(DH)カルロス・ベルトラン(レンジャーズFA)
6(二)ハビエル・バエス(カブス)
7(捕)ヤディエル・モリーナ(カージナルス)
8(一)ケニス・バルガス(ツインズ)
9(右)エディ・ロサリオ(ツインズ)
先発投手 ホセ・バリオス(ツインズ)

タレントが野手に寄り気味。

4位 キューバ 34人

3位 ベネズエラ 112人

1(中)エンダー・インシアルテ(ブレーブス)
2(ニ)ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)
3(右)カルロス・ゴンザレス(ロッキーズ)
4(一)ミゲル・カブレラ(タイガース)
5(DH)ビクター・マルティネス(タイガース)
6(捕)サルバドール・ペレス(ロイヤルズ)
7(三)マーティン・プラド(マーリンズ)
8(左)オデュベル・ヘレーラ(フィリーズ)
9(遊)エルビス・アンドルス(レンジャーズ)
先発投手 フェリックス・ヘルナンデス(マリナーズ)

WBC2017仮想オーダー
ベネズエラを代表する面々

2位 ドミニカ共和国 149人

通算打率.307のロビンソン・カノ(マリナーズ)、通算310本塁打で今季ア・リーグ打点王のエドウィン・エンカーナシオン(ブルージェイズFA)、通算445本塁打で守備の名手エイドリアン・ベルトレ(レンジャーズ)らが、国を代表するスター選手

1位 アメリカ合衆国 1071人

※カリフォルニア州出身現役選手だけでドミニカを上回る221人

1