1. まとめトップ
  2. 雑学

まじかよ…w ビーム光線にエンジン音、どんな音も完璧に声マネする鳥が衝撃的

他の鳥の鳴き真似はもちろん、「ビーム光線」「チェーンソーの音」「カメラのシャッター音」など人工音も完璧にコピーしてしまう鳥がいました。衝撃&笑撃のコトドリ劇場をご覧ください。

更新日: 2016年12月01日

57 お気に入り 24107 view
お気に入り追加

まずは件の鳥の鳴き声動画を御覧ください。

ピシューンピシューン!!
ビーム光線とか…

冗談みたいに聞こえますが、決してフェイクではありません。

この驚異的な鳥は「コトドリ」

学名:Menura novaehollandiae
英名:Lyrebird

オーストラリアに生息するスズメ目コトドリ科に分類される鳥類。
スズメ目の中で最大の種。

コトドリはオーストラリア東部の森に暮らす。長い尾を持つ一見キジに似た鳥です。

オーストラリア東海岸、クイーンズランド州サウス・イースト・クイーンズランド地域からニューサウスウェールズ州、ビクトリア州にかけての森林地帯に生息しています。

全長80-100cm。ただし、尾羽の長さが約60cmある。

とにかく尾が長い外見が特徴的です。

オスはレースのような尾羽を持ち、それが竪琴に似ているために和名の由来となっている。

尾は雌雄とも長いが、雄のほうが雌よりも長く、緩やかなカーブを描く竪琴のような美しい形をしています。

オーストラリアでは10セント硬貨にも描かれており、国民に親しまれている鳥なんです。

コトドリが描かれたオーストラリアの10セント硬貨。

よく動物番組で動物界一のモノマネ名人として紹介される鳥です。

英語では「lyre(竪琴)bird」となる。ライアーなのでてっきり「Liar」の方のうそつき鳥のことかと思っちゃったよ。

とにかく最強の鳴き真似能力

長い尾も美しいですよね。

インコやオウムなど、「モノマネをする鳥」として知られている鳥は多いと思われます。しかし、オーストラリアの森林に住むコトドリは別格です。

彼らの特徴は美しい鳴き声と、まるで録音機のような音真似能力。周囲の環境の音を正確に耳コピして、他の鳥類の鳴き声に始まり、個体によっては人工的な機械音まで完璧に物真似してしまうのだ。

個体によっては人語の他、カメラのシャッター音、チェーンソーの音、車のブレーキ音など人工的な音を真似することが知られている。

冒頭の動画を見ていただければお分かりになるかと思います。

カーアラーム音を真似ている個体は南オーストラリア州のアデレード動物園に暮らしていたコトドリのChook君。同じ園内でパンダ小屋が建設された時にチェーンソーなどの人工音を覚えたらしい。

もしペットとして飼うことができたとすれば近所から苦情が来たり「秘密工事を行っている」と疑われたりしそうなレベルの再現度の鳴き声は、一聴の価値ありです。

コトドリはなぜ声真似をするの?

オーストラリア固有種なので、日本では見られないのが残念です…。

しかし、そもそも何故このようなマネをするのでしょうか?
他の鳥の真似をして一体なんの得があるというのでしょうか?

その理由の一つとして、「カモフラージュ」が挙げられます。
つまり、周囲の音を真似することで、自分の存在を周囲に溶け込ませているんです!
そうやって、外敵から身を守るため、自分の気配を消しているそうです。

逆に目立ってしまっている気がしないでもないですけどね。。

モノマネはメスを引き寄せるための求愛行動。モノマネ上手ほどメスにもてるようです。

鳴き真似上手は子孫繁栄にも役立っているようです。

ネットでも話題…Twitterの声

コトドリの鳴きまね動画みてるけどほんまおもしろい こいつはクルペッコですわ

1 2





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!

このまとめに参加する