1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ソフトウェアに歌を歌わせる「合成音声ソフト」ボーカロイドを使い、曲を発表している人を指します。

Pとはプロデューサーのことで、例えば初音ミクならミクをプロデュースしてるから、ボカロPなわけですね。

これはボーカロイドが流行り始めた2007年頃、主戦場となっていたニコニコ動画界隈で「アイドルマスター」(アイマス)という架空のアイドルをプロデュースするゲームが流行っていたことに起因します。

アイマスでプレイヤーは、キャラクタから「プロデューサーさん」と呼びかけられる為、
アイマス関連の動画をアップロードする人はごく自然に「○○P」と呼ばれていました。

ボカロPと初音ミクなどのボーカロイドキャラクタの関係は、架空のアイドルをプロデュースするというアイマスの構図そのままであったため、ボーカロイド関連曲をアップロードする人も、ごく自然に「○○P」と呼ばれていったのだと思います。

P名は視聴者が勝手に呼び始め、それをP本人が気に入ったらタグロックなどして受け入れたことを示すというのが初期の流れでしたが、kzやryoのようにP名を持たない(自称しない)Pや、自分でP名を決めて名乗る人もいます。

このまとめでは時系列としてまずボカロPとして認知され、その後で何らかの形でメジャーデビューした作家をまとめていきます。(歌って無くても商業で曲作りをしていればデビュー扱い)
紹介する曲は特に断りがない限り、作詞・作曲・編曲全てボカロP一人で行っています。
長い記事になってしまいましたが、ゆっくりお付き合いください。

◆ kz(livetune)

初音ミクの発売(2007年8月)から間もない2007年9月、ニコニコ動画にて「Packaged」と言う曲を発表しました。
この人プロ?と言われてしまうくらい、同時期の他の楽曲とは明らかにクオリティに差があったのを覚えています。

livetuneというのは元々はkzと「かじゅきP」とのユニット名だったようですが、
かじゅきPは途中で脱退し、現在ではkz氏のソロプロジェクトになっています。 (livetune ≒ kz)

kz氏は商業の場でトラックメイカーとして定着している印象で、様々なアーティストに曲を提供しています。

ご本人は「今聞くと(テクニック的な意味で)恥ずかしい」と仰っていますが、
初期ボカロの代表曲の一つだと思います。

ネットの相乗効果、クリエイターの繋がりをテーマにした曲。chromeのCMに使われました。
名曲だと思います。

作詞・作曲・編曲:kz

TVアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」OP曲の2017年版。
ClariSのメンバーが変わったことで、再レコーディングしたようです。

ironyは僕にとっては初めて作ったアニソンで、そんな曲が今日までいろいろな国でいろいろな人が好きだと言ってくれる作品になって、こうしてまた新しくレコーディングできたことは本当に嬉しいことです。 youtube.com/watch?v=gLdxT-…

作詞:岩里祐穂、作曲・編曲:kz(livetune)、ストリングス編曲:真部裕

TVアニメ「ステラのまほう」OP曲
アーティストの下地紫野は声優さんです。

作詞・作曲:藤原基央、編曲:BUMP OF CHICKEN
作曲自体には関わっていませんが、初音ミクの調声をしたのがkz氏になります。

kz氏はボコーダーを使い、「合成音声っぽい」音をだすのが特徴のPです。
ボカロPの中には非常に人間に近いような調声をするPもいるのですが、
その中からkz氏が選ばれたのは、人の声との対比を強調したかったのかもしれません。

◆ OSTER project

OSTER projectはOSTER(ふわふわシナモン)氏のソロプロジェクト。

2007年9月に、「恋するボーカロイド」を発表しました。
初期の初音ミクのイメージを決定づけた、代表曲と言ってもいいと思います。
「Yおじさん」という絵描きさんとのタッグ(OSTER氏と共に女性です)でお馴染み。

圧巻は10分を超える大作のボーカロイドミュージカルシリーズで、章立てのある本格的なミュージカル楽曲を本人作成の動画付きで投稿し、大きな話題となりました。

既に結婚されているため頻度は低いですが、現在も作品を発表されています。

作詞・作曲・編曲:OSTER project
カーテンコールのみアレンジ曲になっています。
作詞:Bob Hilliard・OSTER project、作曲:Sammy Fain、編曲:OSTER project

カーテンコールのみアレンジ曲になっています。
作詞:Yip Harburg、作曲:Harold Arlen、編曲:OSTER project

作詞・作曲・編曲:OSTER project
TVアニメ「戦国コレクション」ED曲。
歌っているのはOSTERさんではありません。念のため。

作詞・作曲:aiko、編曲:OSTER project

◆ ryo

2007年12月に「メルト」を発表し、大人気を博しました。
その後メルトの絵を描いていた「119」氏と活動を共にすることになり、
それが現在まで続くクリエイター集団「supercell」の原型になります。

この曲は、前出のkz氏の「Tell Your World」に影響されて作った曲とのこと。
 ────────────
初音ミクとかボーカロイドは文化としてそれなりに成熟した感じもありますし、社会からもさんざんいろんなことを言われてきましたけど、だけどそういうことじゃなくて、単に自分らは作りたいものを作っててここまで来ただけなんですよ。そういうことをkzさんは曲で提示してて、だから自分も自分なりに提示しようと思ったんです。
 ────────────
曲ももちろんですが、このpvは個人的に素晴らしいと思います。

作詞・作曲・編曲:ryo、ボーカル:nagi
TVアニメ「化物語」ED曲。

作詞・作曲・編曲:ryo、ボーカル:chelly
TVアニメ「PSYCHO-PASS」ED曲。

曲が始まるのは1:00頃から。試聴用のPVでこれはどうなんだろう…

◆ ゆうゆ

ゆうゆPも古参の一人で、ボカロ文化の初期から活動されています。
元々は同人の音楽ゲーム向けに「BMS」という形式の曲データを作っており、その頃からのファンも多いとのこと。

現在は声優の大坪由佳さんと、smileY inc.というユニットを組んでいます。

1 2 3 4 5 6