1. まとめトップ

【まじあったかい!!】毛布の正しい使い方

Twitterで「毛布の正しい使い方」を紹介した画像が話題になっていました。実践してみたんですが。。。効果にびっくり!です。是非記事を読んでお試しください!!おすすめです!!

更新日: 2016年12月04日

10 お気に入り 14048 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jet0001さん

最近一気に寒くなってきましたね。
羽毛布団や毛布を重ねて使うことも多くなってきました。
そんな時、衝撃的な情報が飛び込んできました!

体の上にまず毛布、その上に羽毛布団と重ねていたのですがこれが間違いだというのです。

秋口の肌寒さを軽減したいなら、体の上には羽毛布団、その上に毛布、という順番を鉄則としましょう。

もっとも「あったか効果」が低いのは、体の上に直接毛布をかけてしまうこと。暖かい状態をつくるには、「羽毛布団を直接体に触れさせる」ことが不可欠なのです。

羽毛は体温を感知して膨らみ、保温性を高める性質があります。羽毛布団と体の間に毛布があると、この効果を遮断してしまいます。

Twitterでも話題です。

俺もずっと勘違いしてたしこれが正しい毛布の使い方って意外だった twitter.com/p5_nd_ssp/stat…

@IKAROS34 こっちはエライ寒くなってきたよ。 毛布の”正しい使い方”で最近は朝までポカポカ。。 また明日~。。。

毛布の上に掛け布団じゃなくて、掛け布団の上に毛布という正しい使い方を実践してみます。布団に入って5分…、布団がいつもより冷たく感じる。

毛布の正しい使い方がちらちら流れてくるんだが、私の毛布は神様の柄だから身体の下に敷くのはちょっと罪悪感湧く

「正しい毛布の使い方」のお陰で、急に寒くなってもヌクヌクだー しかしこの使い方、昔居たワンコが人様の布団に侵入する時の位置なんだよなぁーアイツ、本能で知ってやがった? なお、起きたので畳む為に布団から出そうとすると、本気で噛まれる。ええ、甘噛みじゃなくて本気噛み…orz

毛布の正しい使い方を知って以来光熱費が浮く事浮く事 毛布と毛布に包まれて寝る事によって今までは暖房器具で部屋を暖めていたのにそれすら必要なく 湯たんぽや電気カーペット要らずなので最高だわさ(((o(*゚▽゚*)o)))♡

我が家では夏はタオルケット、冬はまさに毛布をシーツ代わりにベッドに敷いている^^ゞシーツのごわごわ感が苦手だったのが始まりだけど^^;<【体の上に掛けるのは間違い!】正しい毛布の使い方が衝撃的だった! heaaart.com/post/222966

【体の上に掛けるのは間違い!】正しい毛布の使い方が衝撃的だった! heaaart.com/post/222966

@mamaChiyu 毛布の正しい使い方は布団の上にかけるっていうのを聞いたことある←

毛布の正しい使い方って掛け布団の上か敷布団の上だったよねって思ったら一番効果あるの敷布団の上でしたまる

毛布の正しい使い方は掛け布団の上にかける、らしい なので、マイクロファイバーの薄手の毛布→掛け布団→厚手の毛布、にしてみたら全くあったかい❤

つきみ巻正しい毛布の使い方 おはようございます朝起きるとこんな事に(笑) 確かに毛布はかけましたが、誰も巻きつけてはいません。 自ら巻き巻きに毛布の使い方お見事です‼️ #ぺちゃ犬 #狆 pic.twitter.com/fqIJLpkeEH

本当に暖かいので是非お試しを!心も暖まる添い寝が一番だけどね!(笑) 【コラム】話題の “正しい毛布の使い方” 「毛布は体の下」 rocketnews24.com/2014/11/18/511… @RocketNews24から

@sanchinann ホッカイロも忘れるなよ( ̄ー ̄)<羽毛布団の上に毛布…これ、正しいかけ布団の使い方

まとめると

・毛布の正しい使い方を紹介した画像が、Twitterで話題になっている
・体の上から掛けるのではなく、体の下に敷く方が「あったか効果」が高い
・あくまでも羽毛布団の場合であり、綿布団などの場合は効果が変わる可能性も

に入ってさらにあったか効果をパワーアップさせたいときは、毛布を「体の下に」敷くのがおすすめ。寝ている間に体から放出される熱を下から受け止めてくれるので、保温効果バッチリです。
そしてさらに寒い時期になったら、掛布団の上にもう一枚毛布(なければ薄手の布団)をかけましょう。こうして「フタ」をすれば、上方向への放熱も防ぐことができます。

是非皆さんお試し下さい!!

1