1. まとめトップ

たった1分間で本気痩せ?アメリカでは定番のエクサ“ジャンピングジャックス”が凄い!

今年も残すところ一か月ですが、今の体型に満足していますか?痩せたい…だけど時間がない…という方は、今年最後の追い込みとしてアメリカでは定番の“ジャンピングジャックス”を取り入れませんか?♡

更新日: 2016年12月01日

50 お気に入り 25594 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rinnalさん

▼女性の7割がダイエット経験者orダイエット中!

「ダイエットをしたことがありますか?」と聞いたところ、「現在ダイエット中」が40%、「過去にしたことがある」が28%で、約7割がダイエットを経験していた。

女性が多く集まれば必ず誰かはダイエットしていると言っても過言ではありませんよね。

しかし、成功したのは僅か1割・・・

今年ダイエットにチャレンジした女性の「ダイエット成功率」を調べたところ、「目標体重に到達し、ダイエットに成功した」人は17%とわずか1割台に。

また、数少ない成功者たちの中でも、ダイエット終了後に 「リバウンドした」人が31%と約3人に1人にのぼっており、リバウンドなくダイエットに成功することの難しさがうかがえる結果となりました。

7割の女性がダイエットをしているというのに、成功者は僅か1割、しかも3人に1人はリバウンドをしているというので驚きです…。

▼アメリカでは定番のエクササイズが脂肪を燃やす!

小さい頃からアメリカのPhysical Education(体育の授業)では必ずと言っていいほど行っていたジャンピングジャックス。

ジャンピングジャックスとは、名前の通りジャンプする運動ですが、ジャンプする事で有酸素運動をし、さらに手足を動かすことで全身の筋肉を鍛える事が出来るというのです♡

①:気を付けの状態からスタート

真っ直ぐ立つところからスタート、姿勢を正して脚は軽く開いておきましょう。

②:足を大きく左右に開き、両手を頭の上へ

ジャンプしながら足を左右に開くのがポイントです。手も体側から頭の上まで持っていきましょう。

③:ジャンプしながら①に戻り、繰り返す

戻る時もジャンプしながら足を閉じるのがポイントです。50~100回行いましょう!

開脚から戻る際も、開くときと同じくらいの高さまでジャンプする。

肩幅よりも少し広い ぐらいで、体幹部で上体をぐっと引き上げて、 しっかりとコントロールできれば、GOOD!ですよ。

▼音楽をかけながらリズミカルにチャレンジ♡

膝を軽く曲げて衝撃を吸収しつつ、リズムよく行なうことがとても重要で、始めはゆっくりから徐々にスピードを上げていきましょう。

ジャンピングジャックスはリズムもポイントです。好きな音楽をかけながら、それに合わせてテンポよく行ってみてください♡

▼ハードさに見合った効果をGET♡

飛ぶだけかと思いきや、結構ハードなこのエクササイズ。たった1分間で脂肪を燃焼出来るならぜひ試してみたいですよね♪

1