1. まとめトップ

横浜国立大学の偏差値や難易度は?センター試験の足きりのボーダーや倍率と入りやすい学部について

横浜国立大学は首都圏の難関国立大学になります。偏差値は千葉大学や筑波大学にも近いですし、私立大学だと上智大学のレベルにはあると言われています。横浜国立大学の難易度や倍率、入りやすい学部、センター試験の足きりの割合、入試対策などの情報を集めてみました。

更新日: 2016年12月07日

1 お気に入り 191814 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

横浜国立大学の偏差値は?

経済学部66~69
経営学部65~70
教育学部54~58
都市科学部61~68
理工学部61~67

※進研模試難易度は、入試における合格可能性60%の偏差値を示しています。
入試の難易をベネッセが予想したものであり、各学校の教育内容、社会的地位を示すものではありません。

横浜国立大学は首都圏にキャンパスを構える難関国立大学です。横浜国立大学の偏差値は筑波大学や千葉大学と同等と見られることもあり、非常に難易度の高い大学です。横浜国立大学のレベルは私立大学だと上智大学くらいに近いと言われています。教育学部の偏差値はやや落ちるみたいですけど、それ以外は私立大学で言うと上智大学くらいのレベルがあると言われる事も多いです。横浜国立大学に受かるには相当な学力がないといけません。教育学部以外は横浜国立大学の偏差値はそこまで差がないので、入りやすい学部などはちょっと決めづらいかもしれません。新設学部の都市科学部の偏差値の動向がどうなるか?気になるところですけど、文理融合的な学部にも思えるので、難易度の捉え方が難しいです。横浜国立大学の出身者で有名人が多いのは教育学部ですね。横浜国立大学の難易度はセンター試験の足きりの点数などを見て考えても良いと思います。

横浜国立大学の足きりのボーダーラインは?

経済|経済-経済前期77%
経済|経済-経済後期80%
経済|経済-法と経済前期77%
経済|経済-法と経済後期84%
経済|国際経済前期76%
経済|国際経済後期82%

経営(昼間主)|経営前期80%
経営(昼間主)|経営後期79%
経営(昼間主)|会計・情報前期80%
経営(昼間主)|会計・情報後期77%
経営(昼間主)|経営システム科学前期80%
経営(昼間主)|経営システム科学後期80%
経営(昼間主)|国際経営前期80%
経営(昼間主)|国際経営後期83%
経営(夜間主)|経営前期72%
経営(夜間主)|経営後期62%

理工|機械-機械工学前期79%
理工|機械-機械工学後期81%
理工|機械-材料工学前期77%
理工|機械-材料工学後期81%
理工|化学-化学・化学応用前期76%
理工|化学-化学・化学応用後期82%
理工|化学-バイオ前期77%
理工|化学-バイオ後期82%

理工|建築-建築前期82%
理工|建築-建築後期83%
理工|建築-都市基盤前期77%
理工|建築-都市基盤後期82%
理工|建築-海洋空間のシステムデザイン前期78%
理工|建築-海洋空間のシステムデザイン後期80%
理工|建築-地球生態学前期75%
理工|数物-数理科学前期76%
理工|数物-数理科学後期83%
理工|数物-物理工学前期74%
理工|数物-物理工学後期82%
理工|数物-電子情報システム前期75%
理工|数物-電子情報システム後期80%
理工|数物-情報工学前期79%
理工|数物-情報工学後期82%

教育人間科学|学校-人間・教科(音楽)前期67%
教育人間科学|学校-人間・教科(体育)前期68%
教育人間科学|学校-人間・教科(美術)前期66%
教育人間科学|学校-人間・教科(総合)前期73%
教育人間科学|学校-特別支援教育前期69%
教育人間科学|人間文化前期74%
教育人間科学|人間文化後期78%

横浜国立大学の足きりの割合はどれくらいでしょうか?パスナビに載っている数値を載せてみましたが、横浜国立大学のセンター試験のボーダーとも呼べる点数はこのくらいになるでしょうか?ただ、横浜国立大学はセンター試験の足きりはほとんどないと言われることもあります。真相は確かではないものの、倍率が一定以上にならないと、横浜国立大学ではセンター試験の足きりを実施しないという情報もあるので、そうなると横浜国立大学のセンター試験のボーダーラインも事実上存在しないというか、不明確になってしまいます。ただ、実際はそれぞれの学部学科などで、上記の割合をとっていかないとなかなか二次試験まで含めて横浜国立大学は受からないと言えるかもしれません。また、学部によってはセンター試験と二次試験の比率でセンター試験が非常に高い場合もあるので、そういった学部を受ける人はセンター試験で相当点数をとらないといけないでしょう。センター重視というか、センター試験の比重が高い学部とそうじゃない学部もあるので、そういったところについても知っておきましょう。横浜国立大学のセンター試験のボーダーラインは参考程度に見ておいてほしいと思います。

横浜国立大学で入りやすい学部は?

横浜国立大学は理系の学部は別として、文系で言えば教育学部(教育人間科学部)の偏差値やセンター試験の足きりのボーダーラインの数字を見ると、ここが1番低いですよね。横浜国立大学は難易度としてはかなり高いので、簡単な学部というのはなかなかないですが、相対的に言うと教育学部が横浜国立大学の入りやすい学部になるのではないか?と思います。横浜国立大学は経済学部と経営学部は難易度は同じくらいかもしれませんけど、教育学部がちょっと差があるという感覚です。簡単ではないですけど、横浜国立大学の入りやすい学部の1つにはなるかもしれません。そして、横浜国立大学では都市科学部も設置されたので、この学部の偏差値や難易度がどうなるのか?というのは気になるところです。

横浜国立大学は早慶上智と比べてどっちが上か?

昔から、横浜国立は、早慶の同一学部よりワンランク下の位置付けでした。私立で言うと上智のようなポジションです。早稲田の下のほうの学部との比較なら横国選択も十分ありです。千葉大や首都大よりかは、やや上というかんじでした。

同じ学部の比較だと早慶のほうが優勢ですね。
例えば経済学部同士、経営学部と商学部等。
理工学部だと結構競ってる感じはします。

社会におけるパワーという面で、早慶経済を明確に上回る国立大は東大京大一橋大ぐらいしかありません。難易度はあまり関係ない世界です。

横浜国立大学は早慶上智と比べられることもありますが、一般的には横浜国立大学は早稲田大学や慶應義塾大学よりも下に見られることが多いです。上智大学は割と同じレベルに見られることもありますが。横浜国立大学の偏差値と早慶上智は一概に比べられないものの、そこまで離れていないのかな?という気もしますが、大学自体の影響力などは早慶とは大分違うという印象です。上智大学も早慶に比べると地味な感じはしますけど、上智大学と横浜国立大学は同じレベルくらいと主張する人はいますし、私立大学で例えるとそのくらいのレベルになるのではないでしょうか?

横浜国立大学の入試の倍率は?

横浜国立大学の2016年の入試の倍率は学部ごとに若干違いはありますが、概ね2~3倍台に収まっている印象です。特徴としてあるのは横浜国立大学の倍率は教育学部(教育人間科学部)が若干低いです。教育学部の倍率は1倍台のケースもあります。後期も2倍台ですから、全体的には低い方です。横浜国立大学の倍率は前期よりは後期の方が高いですけど、全体的には高くても3倍台です。一部もっと高いケースもありますけど、だいたいはこういった感じになっています。倍率を見ると横浜国立大学の難易度は学部ごとにも差があるかな?という感じです。横浜国立大学の倍率の詳細はホームページにも載っています。横浜国立大学に受かるにはセンター試験の足きりを越えないといけません。そして、二次試験の対策をするということになります。センター試験と二次試験の比率なども調べてもらって、受ける学部を決めて、横浜国立大学のセンター対策と二次試験の対策をしていけると良いでしょう。

横浜国立大学の入試対策

文系学部はどの学部もセンター試験重視であるため、センター試験で高得点が求められる。特に、教育人間科学部と経営学部はセンター試験で合否がほとんど決まる。2次試験に関してはどの科目も基礎を押さえておけば合格にたどりつける一般の国立大学の入試問題ではあるが、それ故高得点が要求されるのでケアレスミス等をいかに少なくして他の受験生と差をつけるかが重要となってくる。

センター試験では8割以上を目標としたい。(特に経営学部は2次試験がないため、センター試験でのみ合否が決まる。経営学部受験生はセンター試験で80%取れないと合格は出来ない。) 2013年度入試からは教育人間科学部はセンター:二次試験の比率は概ね9:2、経済学部は1:1程度、理工学部はその比が2:3程度となり学部間のバラつきが大きい。 なお、2013年度入試からは理工学部の試験科目が大きく変わり 【前期】 センター 900 二次試験 1200 (数学:450,理科(物理・化学・生物から2科目):450,英語300) 【後期】 センター 650 二次試験 900 (数学:450,理科(物理・化学・生物から2科目):450) となっており従来の試験科目から大きく変更される予定である。これに伴ない前期と後期での募集定員もかわり、後期定員重視だった設定が前期が後期より少し多い募集定員となる。

1