1. まとめトップ

【神の一手】謎のネット碁打ち「GodMoves」とは?

趙治勲名誉名人に一勝二敗だったZenを三戦ともに圧勝しています。どこかの人工知能のようです。正体は謎。

更新日: 2016年12月25日

0 お気に入り 13426 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

betelgeuse_さん

ネット碁でGodMovesという打ち手が現れた。先日、名誉名人に1勝2敗だったZenに3戦全勝。初手天元や天元一間ジマリでも勝った。消費時間1局10分未満という少なさから他のAI説が濃厚?AlphaGoか?saiか?と話題に

sai :藤原佐為(ふじわらのさい)とは漫画およびアニメ「ヒカルの碁」に登場する碁の天才の幽霊、モデルとなる歴史人物はいない。主人公ヒカルを碁の世界に導き、「sai」としてネット碁で強さが話題になるなど作中で活躍した。
この作品のヒット後、ネット上で「sai」と名乗るのも流行った。ソードアートオンライン後の「キリト」みたいなもの。

謎のネット碁打ち「GodMoves」 その消費時間は「ZEN」と比べると…速すぎ! pic.twitter.com/xxSGWNvC0i

GodMoves、私が見た感じではAIです。何となくとしか言いようがないけど。

こんなのが複数来年の UEC杯に出てきたら,全員で笑うしか

@ohashihirofumi このZenとGodMovesの第3局、先生の追加した2手の後、黒は簡単に活きるのですか?

@Synthesist1932 さすが、2手多い所まで発見されましたか。これから黒は順番にはみ出して行って生きです。1線さがりまで利く形になりますので。

@ohashihirofumi 動画の各対局の最後に消費時間書いてあるし、KGSで棋譜再生しても1手毎の時間の使い方読み取れるよ。ちなみに今日の昼にGodMovesとZenが打った3局目?はGodMovesが7分43秒しか使ってない。

GodMovesは少なくとも井山さんじゃないことだけはわかった。あと、農心杯のあった11月29日にも打ってるから、朴廷桓と范廷鈺でもなさそうだ。やはりAlphaGoなのかな? いや、きっとSaiだな、こりゃ。

GodMovesとかいうアカウント完全にリアルヒカルの碁だろ

AlphaGOではあれほど盛り上がったのにGodmovesの話題全然出ないな

GodMovesをなぜAIだと思ったか。含みのない打ち方をしているからだということがわかってきた。

Zen vs Godmovesの空気感って akira(塔矢アキラ) vs sai に近いものがある

zenとgodmovesの見たけど7分であの棋譜作れるとしたらアルファ碁説も頷ける

この間趙治勲先生から1勝を挙げた囲碁AI「DeepZenGo」がネット碁で「GodMoves」というアカウントにボコられてる。消費時間からしてこちらもAI説濃厚。AlphaGoかそれともそれ以上のものか。最強の棋士はネットに潜む。 https://t.co/beEQAAyHYK

昨日から噂のAIの碁を色々調べてるんですが、ワライダケ食べた人みたいになってます。強すぎて笑う。そして人間の碁は何かしら苦心の痕跡があってシリアスで笑えないのですが、AIの碁はさっぱりスッパリしていて笑えるのです。

AIだとして、消費時間はハードウェアの規模で短縮できると思う。逆に、それほどのリソースを使える所は限られていると思う。 先日発表のあった日中韓AI棋戦に AlphaGoが参戦表明したらZenとの実力差を測るためかとも思うのだが。。… twitter.com/i/web/status/8…

@4Masatsune AlphaGo の可能性はほぼゼロで,論文を元に作ったクローンの可能性が非常に高いと思います.多分中国かな?

1 2