1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

限定や再ブレイクのものも!この冬食べたい「チーズケーキ」

男女問わず好まれ、季節関係なく食べたくなるチーズケーキ。この冬(2016)も、限定だったり、再ブレイク中だったり、話題になっているチーズケーキが幾つかありましたのでまとめました。

更新日: 2016年12月02日

149 お気に入り 79420 view
お気に入り追加

世界一のチーズで作ったチーズケーキが限定販売

価格:12,960 円(税込)

販売期間は~2016年12月27日まで。

「小樽洋菓子舗ルタオ」が世界一のチーズで作ったチーズケーキ「ル モンド デュ フロマージュ」。

2015年6月に発表された際大きな話題を集め、即完売したというチーズ好きにはたまらないタルト。

主役は、2004年にチーズのコンクールで世界一となったゴーダチーズ。その貴重なオランダ産チーズに、厳選を重ねた数種のチーズをブレンド。

2004年チーズコンクールで世界一に輝いたゴーダチーズ「オールドダッチマスター」は53週間に及ぶ長い熟成の間に凝縮された旨みとコク、まろやかな甘味が特徴です。

ブレンドしたのは北海道ニセコ町でつくられた酸味とコクが特徴のハバーチチーズと、なめらかな風味が特徴の北海道産クリームチーズ。

最後にイタリア産ゴルゴンゾーラチーズを、敢えて生地に練りこまず、トッピングして焼き上げているそうです。

「ル モンド デュ フロマージュ」はシェフ・パティシエ外山がどうしても作りたかった至高の逸品。

ルタオのどぅーぶるふろまぁじゅは世界一好きなケーキぞ!!

12,960円は高いと思うけれど・・・おいしそうなルタオのル モンド デュ フロマージュ letao.jp/products/detai…

海外でブレイク中の九州発の素朴なチーズケーキ

1ホール600円(税別)

スフレタイプで、ふわふわとしています。

オーストラリア産クリームチーズとこだわりの「板垣養鶏場の赤卵」をふんだんに使っているそうです。

「てつおじさんのチーズケーキ」は福岡に本店を持ち、世界に70店舗以上を出店する大人気店。

焼き始めて、20年以上。一時、日本中で巻き起こったブームも過ぎ去り、一度は無くなりそうになった。

今では見栄にとらわれず、その素朴な味わいを絶やしてはいけないとの思いで、毎日手作りしているそうです。

「このケーキはとても口当たりがライト。このケーキをカットするときに気泡が弾ける音が聞こえるのよ!クリームチーズのフレーバーはそのままで、甘さ控えめ。まさにこれこそ、繊細な日本のアートの典型的な例ですよ」

海外の人の声です。

海外では、
「Uncle Tetsu’s Japanese Cheesecake」
です。

現在東京にはお店がないため、いまの日本ではあまり知られていない「てつおじさん」。

1990年代にブームを起こした福岡発祥の「てつおじさんのチーズケーキ」、現在は「Uncle Tetsu」として北米、オセアニア、アジアの海外各地で大人気となっています。

台湾、シンガポール、フィリピン、タイ、マレーシア、さらにはカンボジアにも出店している。

カナダ最大の都市トロントにもオープン。まだまだ寒い季節にもかかわらず、店の前には多数の人(主に東洋人)が列をなし、待ち時間が2時間を超えた。

カナダには2015年3月にオープンしています。

オーストラリアでも大絶賛されています。お客さんは主にアジア系の方が多い印象。がつんとした甘さのスイーツに慣れているオージーには物足りないのかもしれません。

オーストラリア・シドニーでは2016年7月にオープンしました。

本店は福岡市早良区次郎丸にあります。

他にも、ウエストコート姪浜内や博多マルイ 1F にも店舗があります。

「てつおじさんのチーズケーキ」でお馴染みの「てつおじさんの店」は 卵とチーズにこだわった手作りお菓子とサンドイッチのお店です。

てつおじさんのチーズケーキ食べてると「てつおじさーーーーーん!!( ;∀;)」って叫びたい気持ちになる(*´ω`*)はぁ幸せ

こ、これだぁ!!昔食べてたやつ(;ω;)福岡発祥だったの!?愛しのてつおじさん!買うしかなない!お母さんにも食べてほしいなぁ…現地から送れないかなぁ。多分送料の方が高くつくんだよねww pic.twitter.com/Zz31U08JVO

1 2





blueblueluckyさん

好きなこと(動物、映画、その他エンタメ)、気になるニュース(地方・マイナー含む)を中心にまとめます。
まじめにゆっくり更新していきます。

このまとめに参加する