1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

キダ虫さん

我妻善逸とは

主人公・炭治郎の同期に当たる鬼殺の剣士。16歳。
入隊まもないため、階級は十段階で最低の癸であるが、炭治郎らが赴いた鬼殺隊士の最終選別に同じくして立ち向かい、たった五人生き残った精鋭隊士の一人である。

設定だけだとかっこいい…

底抜けに小心で臆病なため、その挙動は常時不審で、ところかまわず涙と鼻水を撒き散らして「鬼が怖い」「死にたくない」と泣き喚く。

聴覚が非常に優れており、緊張が極限まで高まると、眠ってしまう。しかしそれによって緊張が開放され、本来の強さを発揮

名言・迷言

善逸愛されてます

鬼滅の刃がわりとシリアスな闘いが始まったのに善逸のせいでそこまでシリアスにならない、むしろちょこちょこ面白い言い回しがある、こういう点がこの作品の面白い所です。 #wj38 #我妻善逸

#鬼滅の刃 #我妻善逸 何かとキャラ立ちしている善逸くんの要素を言葉にしてみる。「勘違い」「臆病」「オカッパ」「恥さらし」「イビキがうるさい」「耳が良い」「責任転嫁」「子供を守る」「雷」「居合い」「生き残る」「頭が悪い」

ギャグ多めのヘタレキャラでありながらも、正義感や優しさを持っていることが、人気の理由かもしれませんね。

1