1. まとめトップ

▼担任の言い訳

「インターネットの動画サイトで人気の『ヒカキン』さんなどの影響

クラス内で親しみを込めてカタカナの『キン』をつけてやり取りしていたから

↓しかし

担任教諭から名前を呼ばれた日の数日前に、「同級生から名前に『菌』をつけて呼ばれている」などと、この教諭に相談していた

教師は、「愛称の意味で言った」と話している。

▼騒動の経緯

・ことし6月、児童から担任の教諭に「同級生からばい菌というか、汚いもの扱いされている」と相談

・この時、教諭は、相手の児童や周囲の子どもたちに対し、「そういうことはいけないことだ」と指導

・先月17日、児童が再び、個別相談の際、担任の教諭に相談

「同級生に名前に『菌』をつけて呼ばれている。近くを通るな、という避けるそぶりをされる」と悩みを相談

・翌18日、避けるそぶりをした児童を指導

・福島県などで震度5弱の地震があった22日、教室で家庭連絡ノートを返す際、教諭は、この児童だけに「はい、○○キンさん」と声をかけた

・ショックを受けた児童は「もう学校に行けない。担任とも会いたくない」

・教諭に相談していたのに、裏切られた気持ちだと話している

新潟市の小学校で、原発事故のあと福島県から自主避難してきた4年生の男子児童が、担任の教諭から名前にばい菌の「菌」をつけて呼ばれたとして、1週間以上、学校を休んでいることがわかり、新潟市教育委員会は、児童の心を傷つける不適切な発言だったとして謝罪しました。

新潟市教育委員会によりますと、原発事故のあと福島県から新潟市内に家族と自主避難している小学4年生の男子児童は、先月、担任の男性教諭から教室で名前にばい菌の「菌」をつけて呼ばれたとして、1週間以上学校を休んでいるということです。

教育委員会によりますと、担任の教諭は「インターネットの動画サイトで人気の『ヒカキン』さんなどの影響で、クラス内で親しみを込めてカタカナの『キン』をつけてやり取りすることがあり、ほかの児童の名前にも『キン』をつけて呼んでいた。ばい菌の『菌』という意味ではなかった」と説明しているということです。

しかし、男子児童は、担任教諭から名前を呼ばれた日の数日前に、「同級生から名前に『菌』をつけて呼ばれている」などと、この教諭に相談していたということです。

教育委員会は「いじめの相談を受けていたにもかかわらず、児童の心を傷つける不適切な発言だった」として謝罪しました。

▼ネットでもヒカキンさんへの風評被害がひどいと話題

1 2 3





気になるニュースや事件・事故など
http://blog.livedoor.jp/reer121/
Twitter
https://twitter.com/kinkakuji09



  • 話題の動画をまとめよう