1. まとめトップ

日本にカジノができても大丈夫な理由:「カジノが日本にやってくる!ヤァヤァヤァ」

カジノ法案が衆院通過…これはビックニュース。カジノを中心とした統合型リゾート(IR)を推進する法案(カジノ法案)が2016年12月2日、衆院内閣委員会で可決された。衆院内閣委員会で自民党と日本維新の会などの賛成多数で可決された。自民は今国会で成立させる構えだ。

更新日: 2016年12月04日

0 お気に入り 4639 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

purumさん

カジノ法案が衆院! これは日本にとってビックニュース!

カジノは世界140以上の国や地域で合法化され、教育や福祉財源とするなど活用されているギャンブル。

カジノが日本にやって来る事でさまざまなメリットがあるんです!

日本カジノ合法化のメリットと言えばやはり
7.7兆円とも言われる経済効果でしょう。

もともと、パチンコや宝くじなどギャンブル産業が
お得意の日本ですからカジノが解禁されれば
マカオに次ぐカジノ大国になると期待されてます。

■カジノ合法化は税収の救世主

マカオでは医療費をはじめ、教育費無料、電気の補助など国民にメリットが

世界最大のカジノ市場・マカオのカジノ税収は日本円にして年間約1兆2300億円(2015年)。

歳入全体における割合は実に約8割を占め、市民は教育費無料、医療費、電気料金の補助、約12万円の現金支給など多くのメリットを享受している。

カジノはパチ屋より国に貢献するでしょ~雇用や税収も生まれるし。 ギャンブルを悪とするなら競馬もパチも潰さんと

税収を増やすために日本にカジノを作るらしいがつまり

五輪とカジノを比べたら明らかにカジノの方が筋がいい。五輪は数週間だけの祭典で施設の多くが終了後解体。カジノは年中使用だから施設に無駄が少ない。カジノは民間主体だから五輪施設のように税金を無駄遣いするどころか、長きに渡って税収を収めてくれる存在。五輪みたいに愛国心も煽られないしね。

■東京オリンピック後に訪れる経済停滞期の救世主

オリンピックで日本が盛り上がった後、どうなるんだろう・・・という不安もなくなる

五輪後には経済の停滞期が来ると予想されるため、カジノ建設需要の活況が景気浮揚の一端を担う

とりあえずアメリカが安定して成長し豊かになってもらわないとなあ。 日本も同時に成長しなきゃね。 まずはオリンピック、次にカジノ。 日本のいいところをどんどん世界にアピールしなきゃいけないと思う

オリンピック&カジノ構想は日本にとって経済効果盛り盛りなのだから建設的な議論頼むぜ。 #オリンピック #カジノ

低迷していたゼネコンもアホノミクスとオリンピックで何とか息を吹き返してきているがオリンピックも2018年までしか受注がない。トランプの後押し、ラスベガスのカジノ王が日本でカジノができれば1兆円投資するという与太話で刑法上の検証もなく、無理やりカジノ法案が通る。目の前の人参に群がる

■ホテル、飲食店、交通、土産物などさまざまな業態が盛り上がる

波及効果の裾野が広いということ。ホテルにレストラン、交通機関、土産物、娯楽と続き、さらにこれらを支える分野まで考えれば、ほぼ全業種に恩恵が行き渡る。

日本ブランドの美味しい農作物、魚介類のオーダーもアップするはずだ。訪れた外国人の多くは、周辺の物見遊山もするだろう。となれば各地の商店街も潤い、雇用も増える。

■外国人客がたくさん日本にお金を落としてくれる

外国人にだけたくさん遊ばせるなんてできるの!?
できます!

外国人は入場無料なのに対して、シンガポール人と、シンガポールの永住権取得者には高額な入場料を取ることで、自国民をギャンブルと切り離しているのだ。

おもてなしカジノとかにしてみてはいかがだろう。建物を城の形にしてみたり、ボーイを忍者とかの衣装着せてやらせたら外国人観光客相当喜ぶんじゃない? twitter.com/tamacentralban…

@baba_ishin カジノ自体を、外国人特化も(観光客)ありじゃないかと。 (オリンピック期間のみ) 二重国籍は無し。総連は絶対入れない。

箱根と熱海は豪華なカジノ作れば外国人客ホイホイで儲かると思うけどな。高級ブティックとか招致して。バーデンバーデンとかそんな感じやで。

1