1. まとめトップ

【映画『フィフスエレメント』のディーバ?】フランスの女性監督マイウェン【モン・ロワ】

マイウェン・ル・ベスコとして活動した子役時代、リュック・ベッソンとの出会い、そして女優や脚本家、監督としての多彩な活動など。ヴァンサン・カッセルとエマニュエル・ベルコ出演の『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』も日本公開が決まり、彼女の活躍を目にする機会も増えそうです。(Maïwenn)

更新日: 2017年04月08日

2 お気に入り 9743 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

coco55cocoさん

■映画『フィフスエレメント』に登場する、この印象的なディーヴァを覚えていますか?

『フィフスエレメント』(97)
監督リュック・ベッソン。
ミラ・ジョヴォヴィッチが一躍有名になった、ブルース・ウィリス、ゲイリー・オールドマンやクリス・カッターなどが出演した1997年のヒット映画。

(ディーバ・ダンスの歌の吹き替えは、オペラ歌手のインヴァ・ムラ)

■マイウェンとは?

本名 マイウェン・ル・ベスコ。
1976年パリ近郊生まれ。
母は女優で、娘の芸能活動に執心、マイウェンは幼いころから子役として活動していた。

2004年に初めて監督した短編映画は、自分の体験を基にした、少女が主役の『I'm an actrice』(主役はマイウェンとベッソンの子供)。
その後は『Pardonnez-moi』(06)、『パリ警視庁:未成年保護部隊』(11)(カンヌ国際映画祭 審査員賞など受賞)、『モン・ロワ』などを監督。

俳優としては、『レオン』(94)(Ouin-Ouin名義で)、『フィフスエレメント』(97)、『ハイテンション』(03)、『愛の犯罪者』(13)などに出演。

マチュー・アマルリックやカリン・ヴィアールと共演。



マチューアマルリックまとめ
https://matome.naver.jp/odai/2141276971574146501

日本公開作ではフランソワ・オゾン監督の『彼は秘密の女ともだち』や、『肉体の森』などに出演。

マイウェンの監督作品『モン・ロワ』にも、ヴァンサン・カッセルやエマニュエル・ベルコ、ルイ・ガレルとともに出演しています。

『レオン』の主人公マチルダは、彼女からインスピレーションを得て生まれたのでは?、とも言われているようです。
”She may be the inspiration for Mathilda in Léon (1994). Maïwenn met writer/director Luc Besson when she was 12 (Mathilda's age in the film)~...”
http://www.imdb.com/name/nm0494069/bio?ref_=nm_dyk_trv_sm#trivia

■監督としては今までに4作の長編、1作の短編を制作。

■『パリ警視庁:未成年保護特別部隊』(2011)

”世界有数の大都会を守る、パリ警視庁。
その内部には、きらびやかな街の裏側で多発する凶悪犯罪から青少年たちを保護する特別部隊が存在する。
ある日、その部隊に、内務省の指示で写真集制作を請け負った女性カメラマン、メリッサがやってくる。
張り詰めた部隊の中で、最初は孤立し、戸惑いを隠せないメリッサ。
しかし、命がけで犯罪と戦う警官たちの人間味あふれる姿に触れていくに従い、メリッサは彼らが抱える大きな葛藤や悩みを知り、心を動かされてゆく。”
(amazonあらすじより。リンク左記に同じ)

マイウェンとともに、フランス映画界で監督として活躍する、エマニュエル・ベルコ(監督作『太陽のめざめ』など)が、『パリ警視庁:未成年保護特別部隊』で共同脚本・出演をしている。

新作『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』ではベルコが主役をつとめている。(マイウェンは出演なし)
画像はベルコが同作で、カンヌ国際映画祭 女優賞を受賞した時のもの。

■新作『モン・ロワ 』とは?

2017年3月25日(土)YEBISU GARDEN CINEMAなどにて公開
上映時間:126分
監督:マイウェン
出演:エマニュエル・ベルコ、ヴァンサン・カッセル、ルイ・ガレル、イジルド・ル・ベスコ

太陽のめざめ』などで監督としても活躍するエマニュエル・ベルコが第68回カンヌ国際映画祭女優賞に輝き、第41回セザール賞にもノミネートされたドラマ。スキー事故で負傷した女性弁護士が、リバビリに励みながら、元夫との出会い、結婚、別れを振り返る。メガホンを取るのは、『パリ警視庁:未成年保護特別部隊』などのマイウェン。『ジャック・メスリーヌ』シリーズなどのヴァンサン・カッセルが、弁護士の元夫を力演する。愛の尊さ、それを保つことの難しさを深く見つめた物語が胸を打つ。

■2016年には来日も。

東京・有楽町で開催されたフランス映画祭のため来日。

■カジュアルからエレガントまで、ファッションにも注目です。

1 2

関連まとめ