1. まとめトップ

今年、38歳のおっさんが買ったファッションアイテム ベスト5

「おしゃれ」に遅ればせながら目覚めはじめたアラフォーのおっさんが今年買ったファッションアイテム。超低レベルなおしゃれ談義になっちゃってますが、私と同じようにダサい旦那を改造したい奥様、必見ですよ。

更新日: 2016年12月04日

6 お気に入り 21243 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shunkakuさん

第5位 JINSのカラー入りメガネ

普段メガネをしているので、メガネはいくつか持っている。

しかし、カラーの入ったレンズを買ったのは今年が初めて。

強度近視なので、薄型レンズにしないと牛乳瓶の底みたいなレンズになってしまうため、フレームは必然的に小さいものを選ぶしかない。(フレームの大きいものほど、レンズの端っこがどうしても厚くなってしまって不格好)

そうすると、サングラスを「度付きレンズ」にするという選択肢はなくなる。なぜなら、サングラスのフレームは、日光を遮るという目的のためにレンズが絶対と言っていいほど大きいから。

PCのブルーライトをカットしてくれるメガネもJINSにはあるが、あれでは色が薄すぎると感じた。

そこで考えたのが、普通のメガネフレームに「カラーレンズ」を入れるということ。

ただし、青系の色メガネだとちょっと「イカツイ兄ちゃん」という感じになってしまうと思ったので、ブラウン系の色を選択。

なんとなく大杉漣みたいな感じになった気もするが、まあいいとしよう。

第4位 リーバイス501(R)CT カスタムテーパード

下半身ががっちりしているタイプなので、しかも半年前までおっさん体型だったので、ダイエットも兼ねてユニクロの通販限定ジーンズをサイズ違いで4本買ったのが最初。

つまり、34インチ、33インチ、32インチ、31インチの4本のジーンズをダイエットしてだんだん小さいものを履くようにしようと、どこかで聞いたことのあるような安直な計画を立てたわけです。

計画は安易なものでしたが、ダイエットはきちんと成功したのでジーンズダイエット大作戦もバカにできないなと思います。

このユニクロの店舗限定のジーンズはテーパードで、しかも結構おしゃれなダメージ加工がされているタイプだったので、気分良く履けた。その上、テーパードって裾に向かってシルエットが細くなるので足が長く見えるし、ルーズフィットなので太ももから腰回りはストレートタイプのジーンズより余裕があって動きやすい。

すっかり気に入ってリーバイスのテーパードラインである501CTに手を出したというわけです。

そしてアウトレットでリーバイスを買ったわけですが、その時の1本がたまたま「コーンミルズ社ホワイトオーク工場」の生地を使ったものだったんですね。

詳しいことは今でもきちんと調べていないのですが、なんかデニムの歴史を語る上ではとても重要な工場らしい、っていうフワフワした情報だけでなんとなく履き心地もいいような気に。

今季からは、シルエットも変更になり、日本製になったみたいです。

第3位 Uniqlo U オックスフォードシャツ

ルメールっていうデザイナーがすごい人で、ユニクロとコラボしてなんかスゴイことらしい、っていうことはびんびん伝わってきてたわけですが、いまいちピンとこない状態でした。

それに、たしか、今年の3月あたりには「ルメールとユニクロのコラボはこれで終わり」みたいなことを言っていたような気がするのに、「ユニクロユー」っていう名前にしてサラッと復活してるじゃん。。

ただ、シャツはとてもいいです。ポケットがないのがスマートに見えるし。あと、裾が長すぎないのでシャツを出して来ても、ユニクロの通常ラインのシャツのように「だらしなく」見えません。

これは、無印良品のオックスフォードシャツにも言えます。

第2位 ニューバランス M990V4

スティーブ・ジョブズが好きだというアラフォーのおっさんは割りと多いのでは?少なくとも、ビル・ゲイツが好きだという変わり者よりは。

ジーンズもリーバイスで、靴はニューバランス。髪の毛もジョブズに近づけるべく日々努力中…というか努力しなくてもそのうち近づけそうかも。

履き心地はもちろん最高に良いですが、グレーがなんともオシャレだと義母に言われました。

色がホワイトなんですよね。汚れは目立つし、服にも結構合わせるのが難しいというか。。22の前年のモデルにはブラックがあったのでそれを履いていたのですが、やっぱり普段使いには難しいかな。

ただ、足のサイズをお店できっちり測ってもらって最適な幅とサイズを教えてもらったため、今まで28センチの靴を買うことが多かったのですが、SW(スーパーワイド)という幅広タイプなら25.5センチの靴がぴったりです。

ABCマートみたいな量販店だと、4Eって置いていないんですよね。今まで知りませんでした。

第1位 フレデリック・コンスタント カレ クラシック

以前はタグ・ホイヤーのカレラや、オメガのスピードマスターなどの「自動巻き」タイプを使っていたのですが、片方だけを使っているともう片方が動かなくなってしまうということに嫌気が差しまして。。

最近は結局クォーツ式が正確だしほっといても動くし、ということで時計選びの必須条件になってしまいました。

そこで選んだのが、フレデリック・コンスタントの「カレ・クラシック」です。

ロレックスみたいな「押し出し感」というか「どや感」が嫌なので、さり気なさというか、嫌味のなさというか、そこはかとない品の良さを感じられる時計を探して行き着いたのがこのカレでした。

ちなみに、夏はカシオの日本未入荷モデル「AMW110-9AV」をこれもまたAmazon.comで個人輸入して使ってました。サンド色の文字盤でカシオも頑張ればセンスの良いデザインができるじゃん、とどこかのサイトの受け売りで買いました。

白シャツにデニム、ニューバランスみたいなカジュアルな服装のときは、必ずこれを身につけていました。

1