1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

日本国内では過去最速のペースで広がるH5N6型(亜型)鳥インフルエンザ…

環境省によると、今月2日までに野鳥に関連して高病原性ウイルスが確認されたのは33件。1シーズンでの最多は平成22~23年の58件だが、11月末時点の件数は今季が過去最多だ。

韓国ではすでに900万羽、日本国内でも32万羽が殺処分されている…

2016年12月9日、韓国・聯合ニュースによると、韓国で高病原性鳥インフルエンザで殺処分される家畜が900万羽に迫り、これまでで最も深刻な状態になりつつあるという。

殺処分の対象は、青森市の農場の食用アヒル約1万6500羽と新潟県関川村のニワトリ約31万羽。

コクチョウから鳥インフルエンザの陽性反応が出た名古屋市の東山動物園で、新たにシジュウカラガン1羽が死んでいるのが見つかり、動物園は、感染の可能性が否定できないとして、11日から休園することを決めました。

これ以上、広がらなければよいのですが…

稀に人へ感染し、発症した場合は死亡率が高い…

(H5N6)ウイルス感染確定症例は、中国で2014年以降、6人の死亡を含む合計14人となっている。

世界保健機関(WHO)、鳥インフルエンザウイルスの現況及び評価

14人中6人…かなり死亡率が高い…

専門機関からはウイルスが進化しているとの指摘も…

最新の知見では、A(H5N6)ウイルスは他の鳥インフルエンザウイルスとの再集合を通して進化しており、別の内部遺伝子をもつウイルスとなったことが示された。

世界保健機関(WHO)、鳥インフルエンザウイルスの現況及び評価

進化してる???
再集合???

再集合とは?

一つの細胞に、異なるインフルエンザウイルスが同時に感染することにより、従来とは全く異なる組み合わせのRNA分節を持つウイルスが誕生する。

新しく遺伝子再集合により出現した株は両方の親ウイルスの特徴を有することがある。

要するにこのH1N6型に限らず、鳥インフルエンザの亜型ウイルスは感染の拡大により「ウイルスそのものが容易に変異しやすい」というのが特徴のようです…

つまり…↓

パンデミック化の危険もあり!

2015年1月に中国雲南省の三番目の症例から分離されたH5N6ウイルスの遺伝的背景は未だ判らないけれども、これまでに報告されたH5N6感染ヒト症例からの分離株は際立った遺伝的多様性を示しており、両方のクラスターに由来するウイルスがヒトに脅威となり得ることを示唆している。

中国広東省の高病原性鳥インフルエンザA(H5N6)ウイルスの遺伝学的特徴

但し、これはあくまで専門家の立てた仮説ですので、今すぐにそうなるという事ではありません。

次に自分で出来る対処法ですが↓

鶏舎や、生きた鶏を取引する市場などに接近しない

鳥インフルエンザの流行が鳥の間で起こっている国や地域に出かけなければならない時には、生きた鳥を扱っている市場に立ち入ること(Q11を参照)あるいは、集団発生が見られている鶏舎などへの出入りは絶対に避けて下さい。

これは今のところ、日本(青森、新潟)も含まれていますね…

ウイルスに感染した鳥のフン(乾燥して飛散)や死骸なども危ないそうです。

1 2