1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

福永騎手が落馬

3日の阪神5R・新馬戦に出走したベルクロノス(牡2歳、栗東・昆貢厩舎)が4コーナーで故障を発生して競走中止に。騎乗していた福永祐一騎手(39)=栗東・フリー=が落馬した。

右肩を強打し、右鎖骨骨折

無難なスタートからすんなり好位に取り付く、スムーズな競馬を見せていたベルクロノスだったが、勝負所の4コーナーで外に持ち出されたところで突如歩様に異常をきたした。

不幸中の幸いか

「馬が頑張ってくれたおかげで、落馬に至るまで福永騎手も外へ回避できる時間がありました。結果的に大きな事故につながらなかったのは不幸中の幸いですが、これがデビュー戦だっただけに残念でなりません。福永騎手も上手く落ちようと懸命に対処していたように見えましたが、打ち所が悪かったようですね......去年のこともありますし、本当に心配です」(競馬記者)

馬は安楽死処分

今後の影響は

騎乗を予定している香港スプリント(11日・シャティン)のビッグアーサー、有馬記念(25日・中山)のシュヴァルグラン、ホープフルS(25日・中山)のグローブシアターなどへの騎乗は厳しい情勢となった。

昨年にも落馬で怪我を経験

福永は、昨年10月31日に行われたスワンSのローブティサージュで落馬。当時は右肩鎖関節脱臼などで全治5か月と診断されたが、驚異的な回復を見せ、3カ月半後の2月13日京都3Rナリタマカニ(7着)で復帰している。

1