1. まとめトップ

えっ!年収1000万以上でこんなにもらえるの?高額所得者ほどふるさと納税がお得すぎる

もうはじめてますか?2016年の締め切りは12月31日まで!高額所得者になったつもりで、ふるさと納税の返礼品を選んでみました。2,000円の自己負担で驚きの充実感。

更新日: 2016年12月10日

16 お気に入り 34027 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

fancyshannonさん

年収1000万以上ってどんな人達?

年収1000万以上稼げると言われている職業は
 ■医師
 ■弁護士
 ■大学教授
 ■大手商社社員
 ■大手テレビ局社員
 ■上場企業管理職
 ■中小企業経営者
 ■公認会計士
 ■税理士      などなど・・

全給与所得者に対する年収1,000万円以上の割合は、男女計で4.1%(前年比+5.1%)、男性で6.6%(前年比+6.4%)、女性で0.7%(前年比-22.2%)となっています

もちろん税金もたっぷりかかりますね

ざっくり税金に200~300万!?
そのほか、児童手当の所得制限による減額、高校の学費無償化の対象外など損な面も・・

高額所得者こそ絶対にやるべきなのが、話題の『ふるさと納税』

好きな自治体に税金を納めて各種魅力的な返礼品をゲットできる!
自己負担金2000円はかかりますが、ただ税金を納めるより断然お得ですよね。

育った地域以外でも納税可能

自分が育ったふるさとに限らず、魅力を感じる地域なら、どこでも何カ所でも納税することができる。

「ふるさと納税」は高所得者ほど得をすることができる数少ない「税制」の一つ。簡単に言うならば、住民税の約20%が節税できる計算になる。

寄附限度額内であれば、複数の自治体にいくら寄附しても自己負担2,000円でOK!!

家族構成などによっても違いますが、ざっくりとした寄附限度額は
年収1,000万なら 15万前後
年収1,500万なら 35万前後
年収2,000万なら 55万前後
年収2,500万なら 80万前後

年収1,500万の中小企業経営者になったつもりで、35万円を寄附限度額として返礼品を選んでみました。全部受け取って、自己負担額たったの2,000円!

① 寄附額100,000円【北海道えりも町】ボリュームたっぷり!毛がに・いくら・ホタテセット
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やっぱり年末は鍋を楽しめる海産物がほしい♪
「活きもの」を蒸したからこその甘味がある毛がに6尾約3kg!こだわりのいくらしょうゆ漬け約1.3Kg!刺身、シチュー、フライに使えるホタテ約2Kg!
ちょっと想像つかないボリュームですが、年末の集まりにもぴったりですね。冷凍だから少しずつ料理につ使うことも出来て便利そう♪

②寄附額50,000円 【山形県山形市】山形牛満足セット
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形牛を食べつくす1.8kgのセット!とろけるようなまろやかさが楽しめるロースはステーキ用としゃぶしゃぶ用で、濃厚な味わいが楽しめるバラはすき焼用。

細かく美しいサシが極上の甘みを口中に広げ身も溶けるような感動を与えてくれます。

1 2