1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

野菜が高くて困る…食材を無駄にしないスーパーでの買い物のコツ

高騰中の野菜。毎日の献立を決めるのも買い物するのもちょっと大変ですよね。なるべく無駄のない、賢い買い物を心掛けたいものです。そんな時のためのスーパーでの買い物のコツをまとめてみました。

更新日: 2016年12月04日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
108 お気に入り 64147 view
お気に入り追加

▼まだまだ野菜が高くて買い物するのも大変。。。

野菜は高い。かといって肉が安いわけでもない。日本人って節約したかったら何食べて生きていけばいいの。もやし?

▼でも、やっぱり食卓にはたくさんの野菜を並べたい。

自分のためだけじゃなく、家族のためにも、
おいしくて栄養満点な野菜をたくさん並べたい。

□食材を使い切る買い物のコツを覚えて無理なくムダなくしよう!

①「賞味期限が近い食材」や「余っている食材」を事前にチェック。

冷蔵庫の中をチェック!余り野菜で何が作れるか献立を考えます。

買い物に行く前は冷蔵庫・冷凍庫の中をチェックし、
在庫プラス1品で作れる献立を考えましょう。

②買わなければいけない食材を記入した「買い物リスト」を作成。

何があって何が足りないのかをメモに書き出してから買い物に行けば、あるものを2重に買ってしまうというミスも防ぐ事が出来ます

メリットは、なんといっても買い物時間が短縮できること。そして買う物が決まっているので無駄な物を買わなくなり節約にもなります

③スーパー内では“広告の品”や“本日限り”に惑わされない。

「本日限り」「お買い得品」「今なら増量」
「期間限定」「季節限定」には注意!

その調子でどんどん入れて行ったら、レジに着く頃には「本当は必要じゃないもの」がカゴの中を埋めつくし、あっさり予算オーバー

④基本的に買う量は「適量」を心掛ける。作る際も「適量」で。

たくさん買っても、食べきれずに傷んでしまうこともあります。適量が一番お得と心得ましょう。

スーパーにもよりますが、1個単位でも用意しているお店があります。そうしたお店を積極的に利用し、必要な個数のみ買っていく

捨てるようなことになると、これもまた無駄になってしまいます。食材が余らないように適量を買うことと、食材が余った場合、冷凍保存するなどして後日、料理にきれいに使って無駄を出さないこと

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう