1. まとめトップ

楽曲が世界的話題作で採用!「世界のきゃりー」はやっぱり凄かった!

「きゃりーぱみゅぱみゅ」さん楽曲3曲がアメリカの新作アニメ映画『SING/シング』で使用されていることが分かりました!この映画はテイラー・スウィフトやレディー・ガガといった世界的なアーティストが楽曲提供され注目を集めている作品だけに、大きな話題になっています!

更新日: 2016年12月05日

kumada90さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 1241 view
お気に入り追加

大人気の「きゃりーぱみゅぱみゅ」

抜群の表現力とパフォーマンスに加え、“カワイイ”ビジュアルやファッションセンスで圧倒的な光を放つきゃりーぱみゅぱみゅ

もはやアイドルやアーティストという枠を超え、唯一無二の存在となっている。

日本のみならず世界でも人気に

デビュー曲となる「PONPONPON」を世界23カ国のiTunes Storeでリリースし、いきなりフィンランドとベルギーのエレクトロチャートにおいて日本人初となる首位を獲得。

13年には初のワールドツアーを行い、日本の「カワイイ文化」のアイコンとして世界中から注目を集める。

そんな「きゃりーぱみゅぱみゅ」が米アニメ映画に楽曲提供!

きゃりーぱみゅぱみゅの楽曲3曲が、『ミニオンズ』で知られるイルミネーション・エンターテインメントの新作アニメーション映画『SING/シング』の本編で使用されていることが明らかになった。

本編で流れるのは、フランク・シナトラ、ビヨンセ、テイラー・スウィフト、レディー・ガガ、スティーヴィー・ワンダーなど、グラミー賞受賞総数100を超える錚々たるアーティストたちの楽曲。

その名曲の中に含まれているのが、きゃりーの「にんじゃりばんばん」「きらきらキラー」「こいこいこい」という3曲だ。

劇中ではオーディションに参加してきた5匹のレッサーパンダによるユニット「キューティーズ」が歌唱する。

きゃりーの歌が選ばれた理由について「エネルギーにあふれた歌だからだと思う。アップビートで楽しくて、キャラクターの持つハッピーな雰囲気にも合ってる。だから監督がキャラクターの個性や外見に合うと考えたんじゃないかな」と語る。

音楽監修を務めたハーヴィー・メイソンJr.のコメントです!

映画「SING/シング」は注目を集める話題作!

同映画は「ミニオンズ」「ペット」が連続してヒットした、ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・エンターテインメントによる最新作。

動物だけが暮らす世界を舞台にした本作は、コアラのバスタームーンが主催した歌のオーディションをきっかけに、さまざまな動物たちが一歩踏み出していく姿を描いたミュージックエンタテインメント。

マシュー・マコノヒーら豪華俳優陣が声優を務め、ビヨンセ、レディー・ガガらの楽曲が65曲以上流れることで注目されている

今年8月に公開された『ペット』は日本でも40億円以上の興行収入を稼ぎ出す大ヒットを記録したイルミネーション・エンターテインメントの新作なだけに、再び旋風を巻き起こすことができるのか期待がかかる

1 2





kumada90さん

見ていただいた方の役に立つまとめを意識して作っています
取り上げるテーマは日々のニュースについてが多いです



  • 話題の動画をまとめよう