1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hiraoyogiさん

こちら

♡告知★ 10/8(土) 『みんなも受けてみよう!ゴーシ先生の婚学ゼミ』 ◆18時~21時 ◆ピンスカミニライブ ◆参加無料 ◆参加対象:佐賀県内または近郊の学生・社会人等(未婚・20代限定) ※詳細はHPへ pic.twitter.com/GMgJwpG8YB

「佐賀のご当地アイドル『PinkySky』公式です♪」

婚学ゼミを佐賀県が公式に招聘してるのか。汚染がすごいな。大丈夫か。 twitter.com/pinkysky_saga/…

改めて、福岡県が2014年度に委託事業として実施した「ふくおか結婚応援リーダー養成セミナー」の講師は、婚学の創始者と普及協会の理事2人、自然派育児系っぽい助産師さん(県立大助教)で構成されている。

婚学なくなることもなく人気授業のままなのがなぁ。社会学とかがうまくツッコミ入れられてないんだなー

婚学の授業が人気だとしても、その理由のかなり大きな部分を「おしゃべりして適当に感想書けば単位ゲット」というのが占めているのではないかと思っている。

@debyu_bo だったらいいんですけど(いやそれはそれでよくないですが)、婚学で人生変わりました的な感想を持ってる学生が多くいるらしい状況を聞くとなんとも

@onozawahideki 実際ハマっちゃう人も一定数いるのでしょうね(自己啓発セミナーみたいなもんだしな...)。 今年の選考をプレゼン->投票式にしたというのも、婚学アゲしてくれそうな学生を増やしたいからかなーとか思ってました。

4年前に話題になった時に、一部の先生から「確かに問題あるかもしれんけど、ほっといたら勝手になくなるよ(だからいちいち首突っ込むな)」みたいなことを言われたか現状がこれだしなぁ

婚学の感想が 2プロ以外の人「本当に人生変わった」 2プロ「先生に共感はできるけど洗脳やばい」 で本当に笑ってる

婚学の件、他学部の方の授業なので批判めいたことを言うのには躊躇もあるが、アクティブラーニングの流れでこういうのが増えていくのかもしれない…と思うと注意が必要と思う。

婚学、ええ大人からしてみれば、アホくさいとか冗談やろとか言えるけど、実際20歳前後の人らの言うこと聞いてたら、普通にぐいぐい入っていくだろうし、支持されるだろうなと思った。

放置しているうちに、すっかり家庭連合(旧統一教会)のお気に入り状態になっている婚学なのだった。「婚学」のすすめ|オピニオンの「ビューポイント」 vpoint.jp/column/48414.h…

「シンポジウムで、「婚学」を提唱している佐藤剛史さん(九州大学助教)の話を聞く機会があった。・・・」

ハッピー婚応援コラム No.2 「『聞き上手』『褒め上手・褒められ上手』になろう」 happywedding-1122.seesaa.net/article/438327… ここでもまた引用。(こちらも旧統一教会系)

「婚学を推進している九州大学の佐藤剛史助教は著書『結婚できる「婚学」教室』の中で・・・」

この『世界日報』婚学記事、あまりにさらっと書いているので見逃しそうになるが、よくよく見てみるとすごいな。「授業では、「卵子の老化」をはじめ結婚や妊娠に関わる基本的な知識を伝え、さまざまな場面を想定してロールプレイなどを行う」とかねえ。vpoint.jp/column/48414.h…

一般社団法人ライフクリエーション協会。婚学の佐藤剛史氏の団体。行政のセミナーを結構受託している様子。life-cr.jp/marriage.html

セルフ・コーチング講師の養成

ライフデザイン企業研修

婚学・婚活プロデュース

大人塾

婚学・婚活プロデュース

出会いと学びの婚活イベント

平均カップル成立率50%以上!!

婚学によってポジティブ&積極的に

婚活エキスパートによる企画・実行力

国又は地方公共団体等のセミナー講師業務委託等実績

私たちにお任せください

婚学とは?

徹底した参加型学習

社会人ゲストの参加

SNSの活用は履修条件

婚学が一つの大学の授業だけに限定される流れならまだいいのだけど、今やこういうのを政府自ら率先して推進しようという状況になっているわけで。自治体もこういう系統の講座を導入しまくるだろうし、そういう意味からも注意が必要かと。

九州大学「婚学」シラバスには、かなり引くポエムが盛り込まれていた これからの未来を担う若者には ステキな恋愛をし、 ステキな結婚をし、 ステキな家庭を作るための力が 求められている。 婚活しなくてもいいような ステキな大人になるための 婚学が必要になっている。

担当教員佐藤 剛史

「2008年度、全学教育の中で学生最高評価の授業。2009年度前期の授業では、20名の定員に対して100名以上の受講希望者が殺到。四年間の大学生活を充実したものにするための名物授業。2010年までは『糸島の環境保全のススメ』でしたが、2011年度からは『大学では教えてくれない大学生のための大切なコト』に名称変更しました。2012年度からは、結婚、恋愛、出産、子育てにフォーカスし、日本ではじめての『婚学』授業。 」
https://syllabus.kyushu-u.ac.jp/search/preview.php?code=1390501408

危惧される「婚学」のゆくえ―安倍政権下の男女共同参画との親和性 - ふぇみにすとの論考 (id:yamtom / @yamtom) d.hatena.ne.jp/yamtom/2014050… 2014年の記事ですが、こちらも再度紹介しておきます。

婚学の佐藤氏、改行スタイルが独特で、彼のポエムっぽさはあの改行でより強力なものになっているところがあるので、ブログとかで書く際にもなるべく再現しようと妙な努力をしてしまうという。

1 2