1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

財布まで…意外と知らない左利きの人向け製品

世の中の様々なものは右利きを想定して作られています。そのため、左利きの人はいろいろな場面で不便を感じているといいます。

更新日: 2016年12月05日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
69 お気に入り 41772 view
お気に入り追加

■およそ10人に1人と言われている左利き

この割合は古今東西を問わずほぼ一定しており、左利きが生まれるのは文化・教育・食事など後天的要因によるものではないことが分かっている

■左利きは日常的に様々な不便を感じながら生きている

急須、缶切り、定規の目盛り、カメラのボタン、世の中にある物の多くは右利き用に作られています

左利きは右利きに比べて人口として圧倒的に少ないこともあり、社会全体として右利きがスタンダートに作られていることがほとんど

■そんな左利きの方に優しいお店があるのをご存知ですか?

多数の左利き用商品を販売しており、左利きグッズの専門店として、左利きの方たちから注目を集めている

■世の中には様々な左利き製品があるのをご存知ですか?

通常のはさみは右利き用に作られているが、左利き用のものも少数であるが市販されている

刃の合わせ方が逆になった左利き用のはさみですと、左手で持って、はさみの右から見たときに、きちんと切るところが見えます

和包丁はすべて左利き用があります

和包丁は基本的に片側にしか刃がありません。この刃の向きで左利き用、右利き用と別れています。

普通の定規は左から目盛りが始まっているのに対し、左利き用は右からスタートしています

右基点なので右から左へ目盛りを覆い隠すことなく正しい長さの線を書くことが出来ます

右利きの人が使いやすいように鉛筆を時計回りに回転させるものが多いが、反時計回りに回転させる左利き用もある

左利き用の鉛筆削りがあれば、鉛筆を削るために必要以上の労力を使わずスムーズに削ることができます

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する