1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

2017年の活躍も期待!! ヒット作を生み出す女性クリエーターたち

『逃げ恥』『校閲ガール』『聲の形』・・・今年ヒットした作品の裏に女性あり!! そこで、2017年の活躍も期待される女性クリエーターさんたちをまとめました。

更新日: 2016年12月06日

korikori2さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
85 お気に入り 78456 view
お気に入り追加

■ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子

TBS火曜ドラマ枠の歴代最高視聴率を更新するなど大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。

ドラマの脚本は「重版出来!」「図書館戦争」シリーズなど、数々のヒットドラマや映画を手がけた野木亜紀子が担当。

日本映画学校卒業。
ドキュメンタリー制作会社勤務などを経て、2010年『さよならロビンソンクルーソー』で第22回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞。受賞作のドラマ化作品で脚本家デビュー。
2016年4月期のTBSドラマ『重版出来!』で東京ドラマアウォードの脚本賞を受賞。

フジテレビヤングシナリオ大賞に6年にわたって応募を続け、36歳の時に『さよならロビンソンクルーソー』で2010年の第22回同賞にて大賞を受賞

連ドラではフジ『主に泣いてます』(12年※1~3、7、8話)、TBS『空飛ぶ広報室』(12年)、日本テレビ『掟上今日子の備忘録』(15年)、映画では『図書館戦争』シリーズ、『俺物語!!』(15年)、『アイアムアヒーロー』(16年)など数多くの漫画・小説の実写化を手がけてきた。

原作ファンからの批判や心配がつきものの漫画・小説の実写化において原作のエピソードを丁寧に抽出し、ドラマや映画ならではの世界観として表現することで定評を得ている。

「図書館戦争」 も野木さんに脚本を書いていただいたんですけど、「この方だったら大丈夫です。」

「図書館戦争」の原作者・有川浩さんの野木さん評。有川作品の映像化では「図書館戦争」の他に「空飛ぶ広報室」も手掛けている。

今一番熱い邦画の脚本家の一人は間違いなく野木亜紀子。「掟紙今日子の備忘録」「アイアムアヒーロー」「重版出来!」「逃げるは恥だが役に立つ」などの、いわゆる原作付き作品を手がかけることが多い。

野木亜紀子、今年手掛けた『アイアムアヒーロー』『重版出来!』『逃げるは恥だが役に立つ』いずれもヒットしてて面白くてほんますごい

逃げ恥ショックいまだに続いていて6話のエンディングから始まったこの旅は、「恋」、星野源、コミック、そして今は脚本というか野木亜紀子サンへの興味に向かっている。原作をどう解釈したのか、どう批評したのか。批評っつうか物言わぬ批評、役者に何を語らせるか

■映画『聲の形』の監督・山田尚子

2016年9月17日公開。
原作:大今良時
脚本:吉田玲子
監督:山田尚子
制作:京都アニメーション
出演:入野自由、早見沙織、悠木碧、小野賢章、金子有希ほか

大今良時氏の漫画をアニメ化した映画『聲(こえ)の形』(山田尚子監督)

公開館数120館にして異例の大ヒットを記録しているアニメ映画『聲(こえ)の形』。

公開館数120館でスタートした劇場用のアニメーション映画が20億円に迫る興収を上げているのだから、大成功だ。

京都造形芸術大学卒業。
大学卒業後、京都アニメーションにアニメーターとして入社。
2009年、『けいおん!』の監督に抜擢される。

監督はテレビアニメ『けいおん!』(2009年)で初監督を務め、『たまこラブストーリー』(14年)で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞を受賞した京都アニメーション所属の山田氏。

若くして、すでにアニメの世界では、その名声は知れ渡る山田尚子監督

映画けいおん!流しながら 漫画描いてるんやけど、 俺今もめっちゃ山田尚子の演出に影響受けた表現方法してるんやなって改めて感じた

あと山田尚子監督が最高ということは作品を通して伝わってきてます

■『家売るオンナ』『校閲ガール』のプロデューサー・小田玲奈

2016年10月5日 - 12月7日まで日本テレビ系水曜22時枠にて放送。

石原さとみが主演を務める日本テレビ系の連続ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』

最高で13・2%(6、9話)を記録するなど、毎回2ケタをキープする視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で人気を集めた。

1 2 3





korikori2さん