1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

意外とハマる!みんなでワイワイ楽しめる「ボードゲーム」

家族や友人、同僚と楽しんじゃおう!(ボードゲームとは、ボードを使って行うゲームがメインではあるが、広義にはテーブルゲームとほぼ同義で、カードゲームなどを含めることもある。)

更新日: 2017年02月26日

golasokuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
363 お気に入り 81058 view
お気に入り追加

▼ 渋すぎる和風ボードゲーム

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60~90分
対象年齢:10歳以上

プレイヤーが禅僧となって、美しく洗練された日本庭園を造るゲーム、「枯山水」。

おじいちゃん禅僧のパッケージが渋い、国産ボードゲームです。

「力」「体力」などではなく、『美しさ』を競い合います。

禅寺との関連性が深い枯山水だけあって、座禅などの行動によって「徳ポイント」という点数がたまっていくのもユニークなところ。

特殊効果が使える作庭家カードは、歴史上の人物が実名で登場する。

お正月は暇だろうし「最近ちょっと徳たりてないな」なんて思う人は親戚や家族とプレイしてみれば、きっとハマること間違いなしです。

最近初プレイしたボードゲーム、枯山水! そして記念すべき、初めての私の庭。 pic.twitter.com/Am9HDWKKXb

枯山水のボードゲームすげーー!!やって見たい

枯山水、座禅をして人の苔や砂紋を強奪する侘び寂びに溢れたゲームでした。

▼ 短時間で遊べて初心者におすすめ

プレイ人数:2〜4人
プレイ時間:5〜10分
対象年齢:10歳以上

プレイヤーの目的はある国のお姫様にラブレターを届ける事。様々な役職の人に渡して出来るだけお姫様に近い身分の人にラブレターを託しましょう!

簡単なルールで、短時間で終わるゲームにも関わらず、推理の楽しさが味わえます。それにスリルも。

カードはたったの16枚。ある程度、ロジカルに推理することもできますし、「なんとなく」のカンでプレイするのもありです。

短時間で終わるのでもう1回、もう1回と強い中毒性があります。

会社にボードゲーム部があるので、最近は頻繁にボードゲームができてて嬉しい。今日は、「シンデレラが多すぎる」、久しぶりの「ザ・ゲーム」、「ラブレター」の3つをやったぞい

ラブレターはじめてやったけど、あんな面白いのか。ボードゲームの中でも相当好きな部類だった

ボドゲのラブレターめちゃくちゃサクッと遊べていい感じだった

▼ 角と角を繋ぐだけ!脳トレにもなる

プレイ人数:2〜4人
プレイ時間:20分~30分
対象年齢:5歳以上

シンプルなルールで誰にでもすぐ遊ぶことができる、フランス生まれの陣取りゲームです。

置いた色のブロックの角と角が接するように次のブロックを置いて陣地を広げていきます。あとは順番にそれを繰り返すだけ

1 2





golasokuさん



  • 話題の動画をまとめよう