交通事故によって被害者が受けた精神的・肉体的な障害(ケガ)が、今後の将来において回復の見込めない状態となる事を言います。後遺障害と認められるためには、交通事故とそのケガの症状との間に因果関係(関連性や整合性)があること、その存在が医学的に証明あるいは説明できること、労働能力の喪失(低下)を伴うものであること、その損害(ケガ)が【自賠責基準の等級】に該当することという要件を充足する必要があります。

出典後遺障害の申請方法と適切な後遺障害認定を得る為の全知識|厳選 交通事故弁護士ナビ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

万が一の時ために知っておきたい、交通事故による症状固定、後遺症、後遺障害とは?

高齢者ドライバーによる交通事故が多発するなかで、改めて交通事故の恐ろしさといつ自分や家族や身内に被害が及ぶ可能性は低くありません。死傷事故にならなくても怪我などで重傷に至った場合、最悪の場合障害が残るケースも少なくありません。そうなった場合には後遺障害が適用されることになります。

このまとめを見る